アジア歴史

中国史上一の名君・康熙帝の生涯について徹底解説!【前編】

スポンサー

みなさんこんにちは!

先日は民族の英雄・鄭成功(ていせいこう)を紹介しましたね!

鄭成功が建国した鄭氏台湾を滅ぼしたのが清王朝の名君・康熙帝(こうきてい)です。

今回は、中国史上最高の名君と称された清王朝4代皇帝・康熙帝(こうきてい)についてみていきましょう。

現在、中国が支配を狙っている台湾ですが一体どんな歴史をたどって今に至るのでしょうか。

生誕と皇帝に就くまで

康煕帝 清王朝

康熙帝はわずか8歳で清の第四皇帝に就いた人物です。

幼くして皇帝となった人物の多くは周りに甘やかされたことで暗君になることが多い中で、康熙帝が史上最高の名君となれたのはその少年時代が大きく影響しています。

ここでは康熙帝の少年時代を見ていきます。

不遇だった少年時代

康熙帝は、1654年清王朝2代皇帝・順治帝の第3子として生まれ、玄燁(げんよう)と名付けられました。

ところが疱瘡(ほうそう、天然痘)という感染症にかかったことで宮殿から追い出され、北京の町で乳母の手で育てられます。

父・順治帝は子供の養育に関心が薄く、玄燁(げんよう)は祖母の孝荘文(こうそうぶん)皇后により厳格にしつけられました。

7歳の時、父・順治帝が病に倒れると、「疱瘡を克服して生き残ったこと」「厳格な教育を受けて育ったこと」を理由に玄燁(げんよう)が皇太子に指名されます。

このとき、宦官が玄燁(げんよう)を迎えに上がったとき、玄燁は同年代の北京の庶民の子供と路上で遊んでいたといわれています。

贅沢な生活や宦官の誘惑に負けて失政を行った皇帝が多い中で康熙帝がそうした人間にならなかったのはこの少年時代が大きく影響しているといわれています。

そして順治帝は同年に崩御し、玄燁(げんよう)は8歳で皇帝に即位したのです。

少年皇帝の誕生

オボイ

玄燁は皇帝になったことで康熙帝と呼ばれるようになります。

しかし当初は順治帝の遺命により、スクサハ・ソニン・エビルン・オボイという重臣4人による合議で政権運営が行われる形になりました。

1667年ソニンが死去すると、オボイは反対派を粛清して専横を振るうようになりました。

身の危険を感じたスクサハは「先帝の陵墓を守って余生を送りたい」と引退を申し出ますが、オボイは逆にスクサハに無実の罪を着せて一族もろとも処刑に追い込みました。

残ったエビルンはオボイに追従し、オボイの専制が確立されることになったのです。

しかし、少年皇帝康熙帝は父の遺志をないがしろにして好き勝手にふるまうオボイに危機感を募らせます。

そして15歳の時からソニンの遺児ソンゴトゥと謀って、オボイを油断させるためにモンゴル相撲に興じて政治に興味がないふりをします。

しかしその半年後、康熙帝は年少の側近やオボイらとモンゴル相撲を楽しんでいるときに、「オボイを捕らえよ」と命令します。油断していたオボイは取り押さえられ、逮捕されたのです。

オボイの罪状から死刑が妥当だと言われましたが、康熙帝は今までの功績に免じて、終身刑とします。

こうして康熙帝の親政がはじまったのです。

新たな王朝の混乱を鎮め、清王朝の礎を築く

康熙帝が親政を始めたときの清王朝はとても不安定な統治をしていました。

もともと中国を支配していた明王朝は漢民族の国家でしたが、清王朝は満州民族という別の民族が建てた王朝だったからです。

南方には明王朝の残党、台湾には「反清復明(清を滅ぼし明を復活させよう)」を掲げる鄭成功が力を蓄えていました。

さらに危険分子は清王朝内にもいました。

それが「三藩」と呼ばれる漢人武将たちでした。

彼らは明王朝が農民の反乱で滅んだ際に、農民軍に付くくらいならと清王朝に降った過去がありました。

そして清王朝の中国平定を手助けしたため広大な領土と強大な軍隊を持つようになっていましたが、このような経緯から康熙帝は完全に彼らに心を許していなかったのです。

この章では、康熙帝が敵味方問わず清王朝の不安定要素をつぶしていき、清王朝の支配を確実なものにしていった戦いをみていきます。

油断ならぬ味方「三藩」への対応

「三藩」とは清王朝に仕えていた呉三桂・尚可喜(しょうかき)、耿仲明(こうちゅうめい)の3人の武将のことを指します。

特にその中でも勢いがあったのが呉三桂です。

呉三桂はもともと明の家臣で、清王朝の侵入を防ぐため、山海関という北の要塞を守っていました。

しかし明王朝が農民反乱によって滅んだことを知ると、清王朝の皇帝であった順治帝に降伏したのです。

その後は明王朝の残党を破り、南に逃れた南明の永暦帝を殺したことで功績が認められ、皇族やモンゴル王侯ではないにもかかわらず爵位を授けられていたのです。

この呉三桂を筆頭とした尚可喜・耿精忠の3人の藩王は、それぞれ雲南・広東・福建を領地としており、領内の官吏任命権と徴税権も持っていたので半独立国家状態となっていました。

「彼らをこれ以上放っておくと清王朝の平穏がおびやかされる可能性がある」と考えた康熙帝は三藩を廃止することを決定します。

これに対して家臣の多くは「廃止をすれば呉三桂らは反乱を起こす」と反対しました。

しかし3人の家臣らは「このまま藩を存続させればますます増長し、手に負えなくなり、結局反乱することと同じである。どうせ同じなら今廃止したらどうか」という意見を出し、康熙帝もこれに賛同。

こうしてひそかに三藩を廃止するための動きをとっていきます。

そんなとき、三藩の一人であった尚可喜が地位を息子に譲り自身は引退したいと申し出てきました。

三藩を潰すまたとないチャンスととらえた康熙帝は「引退は許すが、地位を息子に譲るのは認めない」と返答します。

これを見た呉三桂は「次は私の番だ」と警戒心を高め、清王朝を試すために尚可喜と同じように「引退して地位を息子に譲りたい」と要望します。

康熙帝の返答は同じでした。

ここで呉三桂・耿精忠ら三藩は康熙帝に反乱を起こし、1673年三藩の乱が起こったのです。

三藩の乱勃発・反清勢力の逆襲

三藩の乱勃発・反清勢力の逆襲

強大な三藩軍が蜂起したのちしばらくは、清軍は次々と破られていきました。

中国南部の反清勢力に加え、台湾にいた鄭氏台湾の当主・鄭経も加わり、一時は長江以南を制圧されてしまいます。

呉三桂は「天下都招討兵馬大元帥」と名乗り、「満州民族を追い出して漢民族の国を建てよう」と呼びかけました。

そして次々と清王朝の都市を落としていったのです。

一方北京では家臣たちが康熙帝に「満州民族の故郷である満州に避難してください」と勧めていました。

しかし康熙帝は断固としてこれを拒否し、毎日数百もの報告を適宜に対応して三藩と戦う意思を示します。

実は康熙帝には秘策がありました。

それは漢人武将を将軍に取り立てることで呉三桂の大義名分である「漢民族の復興」を無効化することでした。

実際、世論は呉三桂が「漢民族復興」を唱えていたのを冷ややかな目で見ていました。

確かに当然でしょう。

そもそも清を中国に引き入れ、漢民族である南明の血統を滅ぼしたのはほかならぬ呉三桂です。

康熙帝の策略通り、大きな大義名分を失った三藩軍は徐々に士気が下がっていき、代わりに清軍の勢いが優勢になっていったのです。

1676年には、尚可喜の息子・尚之信が、その一年後には耿精忠が清に降伏し、残る三藩は呉三桂のみとなったのです。

呉三桂は最後の最後まで抵抗をつづけました。

その年3月には自身が皇帝として周という新たな王朝を建国したのです。

しかしこの5か月後、呉三桂は死去。息子の呉世璠(ごせいはん)が跡を継ぎますが、康熙帝はこの機を逃さず周王朝に猛攻撃をかけます。

1681年、周の最後の首都・昆明が陥落し呉世璠が自殺したことで周王朝は滅亡します。

こうして康熙帝は三藩の乱を8年かけて鎮圧することに成功したのです。

鄭氏台湾の平定

三藩の乱平定後の2年後、李光地という中国人の意見を取り入れ、鄭氏政権から降伏してきた施琅(しろう)という武将を台湾平定の総大将として台湾に派遣します。

もともとこの地域の人々は海上戦に優れており、騎馬戦が得意であった清軍は海戦では苦戦を強いられていました。

そこで康熙帝は海上戦の指揮を地元の漢人武将である施琅に任せたのです。

施琅は康熙帝の期待通り、澎湖(ぼうこ)海戦にて鄭氏台湾の艦隊を破ります。この時の鄭氏台湾は鄭経の息子、鄭克塽(ていこくそう)が治めていました。

しかしこの海戦で敗れた鄭氏台湾ではもはや勝ち目なしとの判断を行い、康熙帝に降伏しました。

このようにして康熙帝は最後まで抵抗していた台湾も平定し、中国統一を成し遂げたのでした。

さて中国統一後、どうなっていたのかは後半で解説していきます。>>中国史上一の名君・康熙帝の生涯について徹底解説!【後編】

中国史上一の名君・康熙帝の生涯について徹底解説!【後編】前回の解説で、康熙帝が中国を統一したところでおわっていましたね。 今回は康熙帝が中国統一後、どんな功績をのこしていったのか解説していき...

 次に読みたい記事

鄭成功(ていせいこう)とはどんな人物?わかりやすく解説します!
周恩来とはどんな人?その生涯をわかりやすく解説!中国建国を支えた政治家!(前半
文化大革命とは?わかりやすく簡単に解説【中編】紅衛兵と劉少奇の運命とは・・
文化大革命とはどんな革命?【後編】劉少奇の失脚と天安門事件

スポンサー