中国歴史

愛新覚羅溥儀の生涯とは?人生を翻弄された皇帝・愛新覚羅一族の現在とは?(前編)

スポンサー

清朝最後の皇帝である溥儀(ふぎ)をご存知でしょうか?

中国史上最後の皇帝である彼の名は、世界史の教科書だけでなく、1987年に公開された映画「ラスト・エンペラー」でも有名です。

しかし、彼の生涯や、その一族について、ご存じない方も多いのではないでしょうか?

たとえば、「溥儀」というのは名前で、姓は「愛新覚羅(あいしんかくら)」というのをご存知だったでしょうか?

清朝が滅び、中国に革命の嵐が吹き荒れる中、愛新覚羅溥儀とその一族には、過酷かつ数奇な運命が待ち受けていました。

そんな溥儀と愛新覚羅一族について、今回から前、中、後の三編に分けて解説していきたいと思います!!

「愛新覚羅」ってナニ?名前の由来は?

そもそも、溥儀にはなぜ愛新覚羅という長ったらしい姓があるのでしょうか?

実際、私も小学生の頃は姓が溥、名前が儀だと思っていました。

なにせ教科書には「溥儀」としか書いてありませんでしたし、中国の人の名前って普通は姓も名前も1文字か2文字、多くて3文字ですよね?

それが「愛新覚羅」だと4文字です。日本でも、4文字の姓というのはとても珍しいですよね。

そこで、溥儀とその一族について知ってもらうために、まずは「愛新覚羅」という姓の由来について、解説します。

愛新覚羅は満洲族だった

そもそも、清朝は漢民族の王朝ではありません。

漢民族というのは、現在の中国では「漢族」とも呼ばれる人々のことで、昔から中国の大部分に住んでいた民族のことです。それに対し、ウイグル人やチベット人、モンゴル人などは「少数民族」と呼ばれます。

清朝を建国したのは、この少数民族の一つである「満州族」でした(清朝が建国された17世紀当時は、「女真族」と呼ばれていました)。

つまり、少数民族であった満州族が中国全土を支配してできたのが、清朝なのです。

満洲族独特の髪型がすごい

漫画『キン肉マン』に、ラーメンマンというキャラクターがいるのをご存知でしょうか?「知らない」という人も、頭のてっぺんの毛だけ残して三編みにしているキャラクターと言えばなんとなく見たことがあると思います。

実はあの髪型は「辮髪(べんぱつ)」といって、満州族独特の髪型です。

また、チャイナドレスも、もともと満州族の服装です。

満州族は遊牧民でもあったので、馬に乗るのに便利なように、両サイドに切り込みが入ったワンピースを着ていたのです。

どちらも日本人が抱く中国のイメージとして定着していますが、実はこれらは漢民族の文化ではなく、満州族の文化だったのです。

ただ、清朝が滅びる直前の写真などは数多く残っているため、日本人の中でこれらがステレオタイプな中国のイメージとして残っているんですね。

満洲語の名前「愛新覚羅」

このように、清朝を支配したのは漢民族とは違う民族だったので、喋る言葉も満州語という独自の言語でした。そのため、当然名前の文化も違ったのです。

愛新覚羅というのは、「アイシンギョロ」という満州語に漢字を当てたものです。

ちなみに、「アイシン」は満州語で「金」を指す言葉ですが、「ギョロ」の意味は明らかではないそうです。

愛新覚羅という姓については、ご理解いただけたと思います。

溥儀の生涯とはあまり関係ないように思えるかもしれませんが、愛新覚羅一族が満州族であることは、溥儀の生涯を語る上で欠かせない要素となります。

愛新覚羅溥儀の即位と清朝の崩壊

さて、愛新覚羅溥儀は、そんな満州族が支配する清朝の、第12代皇帝として、1908年にわずか3歳で即位しました。

先代の光緒帝(こうちょてい)は、伯父にあたる人物で、父親は光緒帝の弟載灃(さいほう)という人物です。

溥儀を皇帝として指名したのは西太后でした。彼女は、先代の光緒帝に代わって政治の実権を握っていた人物ですが、光緒帝崩御の翌日に亡くなります。

このため、幼い溥儀に代わって父親である載灃が摂政王(せっしょうおう)に任命され、清朝における政治上のトップとなりました。

しかし、載灃もこの時わずか25歳でした。彼は若いながらも崩壊寸前の清朝を立て直すために力を尽くしましたが、力及ばず・・・。

力なき3歳の第12代皇帝「溥儀」

辛亥革命(しんがいかくめい)の結果、溥儀は1912年に退位し、清朝300年の歴史に幕が降りました。

復辟時の溥儀(一度退位した君主が再び位に就くこと)

 

3歳で即位した溥儀は、崩壊していく清朝を前にして完全に無力でした。

幼き皇帝として私生活では何不自由の無い生活ではあったものの、成長して政治に興味を持ち始める頃には、清朝はすでに崩壊していたのです。

このように、政治的に無力であったという記憶が、溥儀を清朝復活の夢へと駆り立てたのかもしれません。

実際、革命後の混乱の中で、溥儀は次第に清朝復活のための行動を起こしていくことになります。

そこで、次に革命後から満州皇帝即位までを見ていきましょう!

辛亥革命後の混乱、そして満州皇帝へ

清朝のあとには中華民国が建国されましたが、しばらくの間、溥儀は北京でそれまで通りの生活をすることを許されます。

しかし、中華民国建国後の中国は混乱した状態が続きました。

清朝以来の軍事力を使って、各地に軍閥(ぐんばつ)と呼ばれる集団が割拠したのです。これに、日本をはじめとした列強国の干渉も加わり、中国はあたかも群雄割拠のような状態になりました。

※群雄割拠ぐんゆうかっきょ(各地を地盤とした英雄たちが、互いに勢力を振るって対立すること)

こうした中、1924年、軍閥の一人である馮玉祥(ふうぎょくしょう)が北京を占領したため、溥儀とその支持者(革命後も、一部の人々は溥儀による清朝の復活を求めていました)らは北京日本公使館に援助を求めます。

その後、しばらくの間は日本の保護を受け、溥儀らは天津で過ごします。

満州事変勃発

1931年になると、有名な満州事変が勃発します。

この事件の詳しい説明をすると長くなるので省略しますが、この事件を経て、日本は溥儀を執政(しっせい)とする満州国という国家を作り、間接的に中国東北部を支配しようとしました。

この満州国、表向きはその名の通り満州族の国家ということにされましたし、国のトップである執政は溥儀、その他大臣クラスのポストには溥儀の側近が就きました。

しかし、彼らが就いたポストに実権は無く、実権のあるポストには必ず日本人が就くことになっていました。

満洲帝国で再び溥儀即位

溥儀は満州国における帝政の実現を強く希望しました。この願いは1934年に認められ、溥儀は皇帝に即位、満州国も満州帝国に名を改めました。

しかし、日本の傀儡国家であることに変わりはありませんでした。

溥儀がいかに皇帝という「地位」にこだわっていたかが伺えます。

皇帝となった溥儀は日本の皇族とも関係を持つようになり、1937年には弟の溥傑(ふけつ)と、昭和天皇の遠い親戚であった華族の嵯峨浩(さがひろ)との結婚が成立しています。

1941年に日本がアメリカに宣戦布告して太平洋戦争が勃発します。

満州国は実質的には参戦しませんでしたが、日本への物資供給などの役割を担いました。

しかし、戦況は次第に悪化し、1945年、ついに日本は戦争に敗北します。

そして、日本が戦争に負けた1945年以降こそ、溥儀とその一族にとって、清朝崩壊以来の悲劇の始まりだったのです・・・。

愛新覚羅溥儀の生涯とは?人生を翻弄された皇帝・愛新覚羅一族の現在とは?(前編)まとめ

いかがでしたでしょうか?

前編では、愛新覚羅が何なのかということと、溥儀の前半生について紹介していきました。

生まれてから終戦まで40年足らずですが、その中で2度も即位と退位を繰り返していることからも、溥儀の人生が非常に特異なものであったことが分かります。

一方、溥儀自身皇帝としての夢を追い続けていたことも分かっていただけると思います。

実際、満州国の皇帝になることを父親の載灃は反対していたようなのですが、溥儀はそれを押し切って満州国皇帝に即位しました。

しかし、その満州国もわずか13年で崩壊するのです。

中編以降では、溥儀の後半生と、運命に翻弄された愛新覚羅一族を紹介していく予定ですので、お楽しみに!

愛新覚羅溥儀・満洲帝国の崩壊と中華民国の成立!愛新覚羅一族の現在とは?(中編)こんにちは! 前回から、溥儀と愛新覚羅一族について解説するシリーズを始めたのですが、今回はその中編になります。 まだ前編をご覧いただ...

 

スポンサー