映像の世紀「トラウマ」「グロすぎ」「映っちゃってる!」と話題 記事はこちら

なぜユダヤ人は迫害されたのか・わかりやすく解説!ヒトラーに嫌われた理由とは?

  • URLをコピーしました!
スポンサー

みなさん、こんにちは!

最近、ニュースでは中国の独裁政権が世界中でも話題になってきていますよね!

粛清の名の下に、とりあえず「俺に従わない奴、処刑なっ」的なノリで多くの人をぶっ殺してきた独裁者。

そんな独裁者の代名詞といえばやはり、ヒトラー!

今日は、このヒトラーではなく迫害されてきた側である「ユダヤ人」についてみていきたいと思います。

なぜ、あんなにヒトラーはユダヤ人を嫌っていたのでしょう、ちょっと不思議ですよね?

目次

ヒトラーが大嫌いだったユダヤ人ってどんな民族?

 世界で最も迫害されてきた民族といえば間違いなくユダヤ人でしょう!

ユダヤ人ってそもそもどこのどんな人?と思う方がいるかもしれませんがユダヤ人とは主にユダヤ教を信仰する人々を指しています。

ユダヤ人は唯一神ヤハウェを信じ、神に与えられた律法を守ることで救われると考えているんですね。

またユダヤ人は、「俺たちは神ヤハウェによって選ばれた特別な民族だ!」という選民思想というものをもっているんです。

そんなユダヤ人はヨーロッパを中心とし、歴史上世界でひどい迫害を受けてきました。ではなぜこんなにもユダヤ人が忌み嫌われ多くの人から虐げられてきたのかわかりやすく解説していきたいと思います!

キリスト殺しの犯人は「ユダヤ人」ってホント?!

 ユダヤ人が歴史上、迫害されてきたのには様々な理由が考えられますが、その中でも最大の理由として「ユダヤ人はキリスト殺しの張本人だ!」というのがあります。

イエス・キリストはローマ帝国において磔(はりつけ)にされ亡くなってしまいます。

キリストはなぜローマ帝国に殺されたのでしょうか?実はローマ帝国にキリストを告発したのはなんとユダヤ教徒だったのです!

弟子であるにもかかわらずキリストを裏切ったユダヤ人!

つまりキリストを殺したのはローマ帝国ではなくユダヤ人だったのです。

キリスト教の敵とみなされてしまう!?ユダヤ人

そんなキリスト殺しの犯人はユダヤ人だ!!と言われ、またユダヤ人はキリスト教の信条をきっぱりと拒否、そんなことから彼らはキリスト教の敵として認識されてしまうのです。

あのキリスト教信者に真っ向から敵意むき出しにしていたところをみると、迫害されたのは自業自得なのか?とも思ってしまいますね。

なんにしてもユダヤ人というだけで罪なき人々を苦しめたのは許されることではないのですが・・

あわせて読みたい
ハイドリヒの生涯・名言や彼の最後について解説!ヒトラーよりも冷酷な男・ハイドリヒとは? ナチスといえばヒトラーばかりが話題になりますが、ヒトラー意外にも虐殺に手を染め、いかにしてユダヤ人を消し去ろうか日々考えていた人物がいます。 その名もラインハ...

ユダヤ人国家繁栄の法則とは?

そうしてユダヤ人は迫害されていくことになるのですが、自分の国を持たないユダヤ人は他国で生きていくしかありませんでした。

当然ユダヤ人は生活の様々な面で差別を受けます。

そのひとつとして、職業選択の自由がありませんでした。

そのためユダヤ人はキリスト教で禁止されていた金融業者の仕事を担わされることとなります。

キリスト教では金融業は罪とされていたのに対し、ユダヤ教ではそのような禁忌は存在しなかったからです。

しかし、いくら罪とされていたとしても、生きていく上でお金は必要で、金融業は人々の生活にとって重要な存在だったのです!

その結果ユダヤ人は迫害されながらも、社会的に力をつけ、後のロスチャイルド家などのように資本主義社会で成功していくようになります。

もっとも、そうした成功はのちに再び迫害の理由となってしまうこととなります。

ユダヤ資本で繁栄する国々

people walking around building near mosque

一方でそんなユダヤ人の金融手腕は次第に国を豊かにさせるほどになります。

ユダヤ人を受け入れたフランスは国力が大きくなり、ヨーロッパの中でも影響力のある国となります。

しかしユダヤ人の恩恵を受けてきたフランスも14世紀にユダヤ人を追放させてしまうのです。

その後、ユダヤ人がいなくなったフランスは国力が衰退していきます。追放されたユダヤ人が次に向かったのはスペイン、ポルトガル。

それまでスペインとポルトガルは後進国と言われていましたが、その後、大航海時代には世界帝国と言われるまでになります。

その理由のひとつとしてユダヤ人を受け入れたこと、そしてユダヤ人に学問の自由を与えたことが大きいとされています。

ユダヤ人の影響力の大きさがうかがえますよね!ユダヤ人のビジネスの才も多民族とは一線を画していたのかもしれません。

しかしそのスペイン、ポルトガルもフランスと同じように15世紀にユダヤ人追放令を出しスペインとポルトガルによる覇権は終わりを迎えることになります。

嫌われながらもユダヤ人の影響力はすごかった!

次にユダヤ人が向かったのはオランダ。

このあとオランダの首都アムステルダムは世界経済の中心と言われるまでの大国となります。

「ユダヤ人来る国に繁栄あり」

その国は栄えるというまさに国家を繁栄させる存在と言えるような力を持った存在だったのです!

しかしその力ゆえか各国はユダヤ人を脅威に感じ、追放や迫害が続いていくことになってしまいます。

そしてそれは20世紀におけるドイツでも巻き起こってしまいます。

まさにあの独裁国家です!!

史上最大の人種差別

20世紀になると世界的に「ユダヤ人=劣等民族」というレッテルがはられてしまいます。

国民国家が成立し、各国にナショナリズムが浸透していくにつれ、異民族や特定の人種が迫害の標的にされるようになってきたのです。

そもそもユダヤ人とは純粋な民族や人種ではなく、ユダヤ教を信仰する人々のことを言います。

そのため「ユダヤ人=劣等民族」であるという主張が間違っていたのですが、ユダヤ人は迫害されるのに都合が良かったのです。

古くから歴史があり、選民思想を持つとされ、キリスト殺しの張本人でもあり、ユダヤ人は迫害の標的にしやすかったのです。

あわせて読みたい
ハイドリヒの生涯・名言や彼の最後について解説!ヒトラーよりも冷酷な男・ハイドリヒとは? ナチスといえばヒトラーばかりが話題になりますが、ヒトラー意外にも虐殺に手を染め、いかにしてユダヤ人を消し去ろうか日々考えていた人物がいます。 その名もラインハ...

ユダヤ人をことごとく迫害するヒトラー

引用元:https://commons.wikimedia.org/wiki

そしてドイツにヒトラー率いるナチス党が誕生します!

ナチスはホロコーストと呼ばれるユダヤ人に対する徹底的な迫害と虐殺を行い、世界を恐怖のどん底へと陥れます。

この時、ナチスがユダヤ人を迫害したのには当時の状況が大きく関わっていました。というのも迫害した大きな原因の一つに戦争がありました。

第一次世界大戦で敗戦したドイツは天文学的な額の賠償金を戦勝国へ負担することとなります。

ただでさえ敗戦し疲弊しきっているところへ賠償金という追い討ち。さらにそのタイミングで世界恐慌が発生し、ドイツはボロボロでした。

そんな時、強いリーダーシップを発揮したのがヒトラー!

そしてヒトラーは国家をまとめるには敵を作り、国をひとつにまとめなければならないと考えます。

その敵がユダヤ人でした。

自分の国を持たないユダヤ人は各国に寄生して富を吸い上げる存在に見えたのです。

さらに世界各国に散らばるユダヤ人は国を超えて連携する共産主義と重ねて考えられたのです。

そうして、ユダヤ人は悪者に仕立てあげられ虐殺されることとなるのです。

1人の女性を死ぬまで愛したヒトラーの誠実さ

悪名高き独裁者として今でも語り継がれているヒトラー。ヒトラーの残忍的な姿ばかりが前面にでて、あまり話にあがりませんが実は、恋愛においてはとても誠実な人でした。

死ぬまで一緒だった恋人エバの前では独裁者とは全く別人のような表情をみせていました。

この写真からエバへの信頼度がよくわかりますよね。

こちらはヒトラー53才の誕生日のため花を選んでいたというエバとヒトラー。力強い演説からは想像もできない穏やかな表情。

この純愛は、ヒトラーの違う一面として、映画にもなっていますよね。敗戦が確実になった時、ヒトラーとエバは婚姻をかわし2人で亡くなったそうです。

なんとも、恋愛映画顔負けの壮大なラブロマンス。

独裁的な指導者という人生とともにこのエバとの恋愛もまた彼が生きたもう一つの物語だったのでしょう。

あわせて読みたい
ネヴィル・チェンバレンは再評価されるべき?悲劇の首相の政策とは? 1939年9月3日イギリスはドイツに宣戦を布告し、第二次世界大戦の火ぶたが切って落とされました。 ネヴィル・チェンバレン首相は一言。。。 「This country is at war wi...

ユダヤ人念願の国家の誕生

ユダヤ人の国家が誕生した場所

地獄のような第二次世界大戦が終わると、迫害され虐げられてきたユダヤ人にも希望が見えてきます。

念願の自分たちの国家を手にいれる瞬間が訪れるのです。

そして1948年に誕生したのが、イスラエル

聖地エルサレムを含む先祖伝来の土地にユダヤ人によるユダヤ人のための国家がやっとの思いで建国されました。

長年の迫害の歴史を経て、やっと自分たちの居場所を手に入れたのです。

しかしそんなイスラエルも建国から現在まで、周辺のアラブ諸国や団体との抗争が絶えません。

中東地域で続く抗争に決して屈しないのは、ユダヤ人が苦難の末やっと手に入れた自分たちの国だからなのかもしれません。

あわせて読みたい
ハインリッヒ・ヒムラーとはどんな人物?ナチス党員には珍しく心優しい男だった!? ヒトラーは知ってるけど意外に知られていないハインリッヒ・ヒムラー。 彼もナチスドイツ時代にユダヤ人迫害に加担していた中心人物の1人であり第二次世界大戦で活躍し...

なぜユダヤ人は迫害されたのか!まとめ

ユダヤ人は様々な理由で迫害されてきました。もっとも大きかった理由が「ユダヤ人はキリスト殺しの張本人だ!」という理由です。

ほんとうかどうかは今となっては闇の中。しかし、最初は大きな影響力をもっていたキリスト教徒を怒らせたというのが迫害された理由としてあるのではないでしょうか?

しかしそれは決してユダヤ人が悪かったわけではなく、時に偏見や政治的な理由でも迫害されてきました。

現在も、ユダヤ人に対する偏見は未だ多くの地域で残っていると言われています。

しかし再び歴史を繰り返さないためには、これまでの歴史をよく知っておくことが大切ですね!

次に読みたい記事はこちら

あわせて読みたい
ムッソリーニって何をした人?功績やムッソリーニ の最後など詳しく解説! 皆さん、こんにちは! 今でも世界で争いは絶えませんが、20世紀は2つの世界大戦があり戦争の世紀と言われるくらい混迷していました。 そんな混迷の時代に、イタリア...
いいな!と思ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

★誤字脱字やおかしな日本語を発見した方はこちらでお知らせください。誤字脱字ありますよ!

コメント

コメントする

目次