歴史映画

新撰組を題材にしたおすすめ映画【高評価の6作品】感相や評価を徹底調査!

スポンサー

坂本龍馬に、イケメン・土方歳三、男前・近藤勇に、犬好き・西郷隆盛、インテリ・吉田松陰などなど、日本のために生涯をささげた偉人達はなぜか幕末に集中しています。

そんな幕末の中でも、根強いファンをもつ新選組!!

いやああ、いろんな偉人の中でもひときわメラメラと闘志が燃え上がっている(イメージ)新選組。今日はそんなイケメン熱血集団・新選組関連の映画を紹介していきたいと思います。

映画「新撰組」

作品名 新撰組
制作年 1969年
上映時間 122分
監督名 沢島 忠
メインキャスト 三船敏郎、小林桂樹、北大路欣也

映画の評価や感想

  泣ける
   歴史をリアルに再現
  おもしろい!

\「新撰組」をアマゾンプライムで鑑賞/
新選組立ち上げ当初の男前で心の優しい近藤勇の統率力を中心に描かれてました!でも結局末路が哀れな新選組も幕府に認められた池田屋事件の頃がピークだったかな・・・・切ない映画だあ

刀から鉄砲、江戸幕府から薩長政権への時代の移り変わりに翻弄されながらも自分の信念を通した近藤勇の半生と生き様を描いた大作です。知っているようで知らない新選組の誕生から終焉までがよく分かる秀作です。

 

映画「幕末純情伝」

作品名 幕末純情伝
制作年 1991年
上映時間 105分
監督名 薬師寺光幸
メインキャスト 渡辺謙、牧瀬里穂、杉本哲太、伊武雅刀、木村一八

映画の評価や感想

  泣ける
   歴史をリアルに再現
  おもしろい!

▼U-NEXT登録後「幕末純情伝」を視聴▼

ドラマの作品数がNO1

ストーリーはあってないようなもの・・笑。でもドタバタが繰り返され、さらに沖田総司と坂本龍馬が記念撮影したり、酒を飲んだりもする。ツンデレの土方よりも積極的な坂本に惹かれていく沖田。二人の男に挟まれて揺れ動く沖田総司、いや牧瀬理穂はひたすら良い!!彼女の魅力の前には史実と違う設定と展開もびっくりだけど、見て損はない映画でした

とにかく若き日の渡辺謙がかっこいい、とにかくかっこいい。メイキング見てさらにかっこいい。かっこよさをひたすら楽しめる映画です!

映画「燃えよ剣」

作品名 燃えよ剣
制作年 1966年
上映時間 90分
監督名 市村泰一
メインキャスト 栗塚旭和崎俊也石倉英彦

映画の評価や感想

  泣ける
   歴史をリアルに再現
  おもしろい!

▼U-NEXT登録後「燃えよ剣」を視聴▼

ドラマの作品数がNO1

東映と松竹のテンションの差みたいなモノは感じるが原作の雰囲気は上手く表現されていますね。近藤や沖田の配役もまあまあ良しといったところ。

とにかく栗塚歳三のすごさ、魅力満載の作品なので是非ご観賞!

映画「御法度」

 

作品名 御法度
制作年 1999年
上映時間 100分
監督名 大島渚
メインキャスト 北野武 、 松田龍平 、 ビートたけし 、 武田真治

映画の評価や感想

  ボーイズラブ度
   歴史をリアルに再現
  おもしろい!

▼U-NEXT登録後「ご法度」を視聴▼

ドラマの作品数がNO1

“哲学的な要素も随所に見受けられるので、斬ったはったと爽快な時代劇というよりも
もし新撰組がこうだったら、という要素が強い作品

好みの分かれる作品。
なんとなく歴史を知っておきたい、じっくり映画を見たいというならかなりお勧め。
特に女性向けに作られたアニメやゲームから新撰組を知った人なら楽しめると思う。

映画「沖田総司」

作品名 沖田総司
制作年 2003年
上映時間 99分
監督名 出目昌伸
メインキャスト 真鍋理一郎, 草刈正雄, 高橋幸治, 米倉斉加年, 西田敏行

映画の評価や感想

  泣ける
   歴史をリアルに再現
   おもしろい!

\アマゾンプライムビデオで「沖田総司」を視聴/
草刈が演じる沖田総司は、あまりにスマートすぎ、土着感に欠けるきらいはあるものの、西田敏行ら新撰組の面々とのバランスの妙がなかなか楽しめる。疾走する沖田の映像で幕を開ける本作は、エンディングも同様に走る沖田の姿で幕を閉じる。時代を駆け抜けた男の、短くも颯爽たる生き様は、爽やかな風のようだ。

観客にはハッキリ予感されている悲劇を前に、何も知らずに髪を洗っている 真野響子(おちさ)が美しかった。

映画「壬生義士伝」

 

作品名 壬生義士伝
制作年 2003年
上映時間 137分
監督名 滝田洋二郎
メインキャスト 中井貴一、佐藤浩市、三宅裕司、夏川結衣、中谷美紀

映画の評価や感想

この映画を星5つで評価!黒星は特におすすめ!

  泣ける
   歴史をリアルに再現
  おもしろい!★★

▼U-NEXT登録後「壬生義士伝」を視聴▼

ドラマの作品数がNO1

中井貴一の魅力の詰まった作品だ。永遠のゼロっぽさもある。久石譲の音楽もまたとてもいい。

吉村貫一郎、新撰組隊士。家族のために生きる。但し、そこに忠義は外さない。ある意味不器用な生き方。
こんな生き方、生き様を考えると、自分のちっぽけさを感じる。
家族との別れの場面、自刃した後の場面。涙出た。

まとめ

白虎隊や田原坂などまだまだ日本の幕末映画は面白いものがありますよね!

筆者も日本の幕末映画をみては感動にひたっています。

これからももっと幕末ファンのために良い映画をつくっていただきたいです!

老後は幕末映画三昧の日々を送ることが夢ですね。

スポンサー