ヨーロッパ歴史

ドイツの歴史をわかりやすく簡単に解説します!

スポンサー

ビールにジャーマンポテト、高級車のベンツといったらどこの国のことでしょうか?

正解はドイツ。

西ヨーロッパで一番経済や工業が発達した国ですね。

1870年に、ドイツ帝国が統一するまで、ドイツは小さな国の寄せ集めでした。

どうやって、一つにまとまった国になったのでしょう。

今回は、ドイツの元になった東フランク王国から、神聖ローマ帝国、プロイセンやオーストリアなどを紹介し、ドイツ帝国の成立までわかりやすく解説します。

フランク王国が分裂し、東フランク王国ができた

今からおよそ1200年前、西ローマ帝国が滅んだあと、バラバラだった西ヨーロッパを統一した人がいました。

カール大帝です。

カール大帝は、現在のフランス、ドイツ、オランダ、ルクセンブルク、ベルギー、イタリアなどにまたがる広い領土を支配しました。

カールが死んだあと、カールの帝国は3人の孫によって分割されます。

遺産を分割したヴェルダン条約メルセン条約の結果、ドイツには東フランク王国ができました。

神聖ローマ帝国ができた

936年、オットー1世が東フランク王国の王になりました。

オットー1世は、東フランクの人々の期待にこたえ、周辺国との戦争に勝利します。

なかでも、一番有名な戦いが955年のレヒフェルトの戦いでした。

オットー1世が戦ったのは、アジアからヨーロッパにやってきたマジャール人です。

彼らは騎馬の扱いが上手で、戦争にも強い人々でした。

最初、東フランク王国の軍はすばやく動き回るマジャール人の騎馬戦法についていけず、あちこちに引きずり回され苦戦しました。

しかし、次第に東フランク軍もマジャール人の戦法に慣れ、対抗できるようになります。

955年、東フランク王オットー1世は、南ドイツのアウクスブルク近くにあるレヒフェルトという場所で、マジャール軍と戦い、勝利することが出来ました。

また、オットー1世はイタリアにも攻め込み、北イタリアでローマ教皇に圧力を加えていたベレンガリオ2世を滅ぼします

マジャール人とベレンガリオ2世という二つのプレッシャーから解放されたローマ教皇は大喜び。

オットー1世を神聖ローマ帝国の皇帝に任命しました。

ハプスブルク家の皇帝位独占とカール5世

神聖ローマ帝国の皇帝は、選挙によって選ばれました

といっても、国民が選挙で皇帝を選んだわけではありません。

皇帝を選ぶ選挙で、投票権を持つ7人の大貴族・えらいキリスト教の司祭(高位聖職者)の投票で皇帝が決められました。

皇帝を選ぶ選挙で投票権を持つ人たちのことを選帝侯といいます。

16世紀になるとオーストリアを支配するハプスブルク家が皇帝の位を独占するようになりました。

ハプスブルク家で最も有名な皇帝はカール5世でしょう。

カール5世はスペイン王でもありました。

スペインは南北アメリカやフィリピンなどに大きな植民地を持っていたので、カール5世は世界で一番広い領土を持つ皇帝となります。

宗教改革と三十年戦争

カール5世が皇帝だったころ、宗教学者のルターは、ローマ教会がドイツで販売していた「免罪符」(正しくは、贖宥状:しょくゆうじょう)の販売に疑問を持ちます。

聖書はラテン語で書かれていましたが、ラテン語が読めるルターは、聖書に免罪符のことなど全く書かれていないことに気が付きます。

ルターは、ローマ教皇に質問状をたたきつけますが、逆にローマ教皇の怒りに触れてしまいました。

皇帝カール5世はルターに自分の考えを引っ込めて、教皇の言うことを聞くよう言いますが、ルターは「やだ!」と拒否

ドイツ国内では、ルターのことを支持する「プロテスタント」とローマ教皇のことを支持する「カトリック」が対立しました。

キリスト教についての考え方の違いが宗教改革の始まりです。

ドイツでは宗教の対立が収まらず、三十年戦争という大戦争に発展しました。

三十年戦争はドイツ国内の争いですが、周辺国も軍隊を出して、大きな戦争になります。

三十年戦争の結果、ドイツはボロボロになり、小さな国の寄せ集めになってしまいました。

プロイセンとオーストリアの対立

ドイツの国々の中で、大きな力を持ったのがプロイセンオーストリアでした。

プロイセンは北ドイツの国、オーストリアは今のオーストリア共和国とハンガリー、チェコなどを支配する国です。

両国の対立が激しくなったのは1750年の前後。

プロイセン王のフリードリヒ2世が、オーストリアの女帝マリア=テレジアの即位に文句をつけ、戦争したからです(オーストリア継承戦争)。

オーストリア継承戦争でプロイセンは、シュレジェンという豊かな地方を手に入れます。

シュレジェンをとられたマリア=テレジアは、フリードリヒ2世ともう一度戦いますが、取り戻すことができませんでした(七年戦争)。

ちなみに、マリア=テレジアはフランス革命で殺されるマリ=アントワネットのお母さんですね。

ドイツ帝国の成立

1800年ころ、フランス革命の軍隊を率いたナポレオンがヨーロッパ各地を征服しました。

プロイセンもオーストリアもナポレオンに負け、領土を取られます。

ナポレオンが負けてフランスから追い出されてから、プロイセンもオーストリアも復活しました。

ドイツ人は、ナポレオンに負けないためにはドイツ人もまとまるべきだと考えます。

このとき、ドイツ統一をプロイセン中心ですすめるか、オーストリア中心ですすめるかで争いとなりました。

戦いの結果、プロイセンが勝利したので、プロイセンがドイツ統一の中心になります。

ドイツの宰相(日本でいう総理大臣のような役職)のビスマルクは、ドイツ統一を邪魔してくるフランスをやっつけ、ドイツ統一に口を出せないようにします。

そして、ドイツはプロイセンを中心にまとまり、ドイツ帝国が出来上がりました。

ドイツの歴史をわかりやすく簡単に解説します! のまとめ

ドイツのはじまりは、東フランク王国でした。

東フランク王オットー1世がマジャール人に勝ったので、神聖ローマ皇帝に任じられます。

神聖ローマ皇帝の位は選挙で選ばれていましたが、のちに、ハプスブルク家が皇帝の位を独占します。

ドイツで強い国はプロイセンとオーストリアでした。

両国は互いに、自分がドイツの中心になろうと戦いますが、勝ったのはプロイセン。

プロイセンはドイツ統一を邪魔するフランスにも勝って、ドイツ帝国を作りました。

スポンサー