世界の政治家たち

テドロス(WHO事務局長)に対する海外の反応は?世界から批判の嵐!

スポンサー

今、世界で一番の関心事と言ってもおかしくないのではないかと思う、新型ウイルス

日本では毎日、今日の新たな感染者が○○県で何名、性別は○○、年齢は〇〇歳などと発表されています。

今では、中国や日本よりもイタリアやスペインなどの欧州で感染者が爆発的に増えています。 

日本では、マスクが一ヶ月以上前から品薄となっている状態です。

というか筆者は、新型ウイルスのニュースが報道されてから一度もお店で売られているマスクを見ていません。

何件かお店を周ったこともありましたが、どこも、おひとり様一個までと書かれた棚があり、見るとすっからかん。

なので、なかなかマスクを手に入れることができませんでした。

知人にその話しをしたら、自分はネットで買ったと言って画像を送ってくれました。

それは、黒い色のマスクで手洗いも出来るんだそうです。マスク不足のなか洗えて使えるマスクはありがたいですよね。

しかしながら、新型ウイルスは一向に消息のめどがたちません。

安部首相からの、イベントや不要な外出の自粛要請が長引いていて、我慢していても国民はイライラが募ってきているのではないでしょうか。

そんな中で、WHOテドロス事務局長に対する、批判的な声が大きくなってきています。

今回は海外から見た、テドロス事務局長に対する反応をいろいろと調べて行きたいと思います。

テドロス事務局長が遅すぎたパンデミックを表明

引用元:https://www.asahi.com スイス・ジュネーブの世界保健機関(WHO)で12日、記者会見するテドロス・アダノム事務局長=AP

WHOのテドロス事務局長が12日スイスのジュネーブで記者会見を開きました。

その時にテドロスは「新型ウイルス感染症は、パンデミック(世界的大流行)と言える。」と述べました。

正直WHOの事をあまり知らなかった筆者でさえも、今さら感があります。

早速テレビなどでも、元政治家や著名人などが口々に、このタイミング??と不信感を持って発言していました。

テドロス事務局長に辞任要求!ネット署名集まる

カナダ人の発起人によって、署名サイト『Change.org』では、テドロス事務局長に対しての辞任を要求する署名活動が起こっています。

この署名活動には、3月10日現在で世界中から45万人の署名が集まっています。

カナダ人の発起人は、「1月に中国の新型ウイルスに関する緊急事態宣言をテドロスはいったん見送ったこと」「事態をあまりにも過小評価していたこと」が感染拡大を防げなかった原因としています。

そのような理由からこの署名活動をおこしたということでした。

テドロス事務局長に対する海外の反応

緊急事態宣言が遅すぎる。

一ヶ月前に宣言するべきだった。

無能だ。クビにしろ!

残念な事に世界の指導者達は人の命を救う事よりも政治的なゲームに関心があるみたいだね。この世界をより良く安全にする為に、グローバルなコラボレーションが必要だよ。今が変わる時だ!

腐敗した無能なWHOのリーダーをいつになったら変える事ができるんだ?

あんたはもう完全に信頼を失ったよ

辞任して中国にでも行けよ。増え続ける死者数の責任を取れ

数か月前に世界に向けて警告していれば今の状況を回避出来ていたかも知れないのに・・恥を知れ!

今さら宣言しても遅いなどのコメントが多かったですね。

今回のパンデミック表明が遅すぎたのも中国との関係があってのことなのは、多くの人達からもあがっています。

日本でも今回のテドロス事務局長のネットニュースのコメントには同じような言葉が数多くありました。

テドロス事務局長と中国との関係

テドロス事務局長中国との関係は、調べていると本当に沢山の良くない話が出てきます。

日本同様に、海外メディアでも、中国に政治的に配慮しすぎていると言われています。

引用元:https://news.yahoo.co.jp中国で新型ウイルス肺炎拡大 WHO事務局長が訪中(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

一貫してテドロスは、中国の肩を持つような発言を繰り返しているため、会見では、中国からの圧力があったのかという質問まで飛んだことがあります。

WHOは政治的に中立的な立場であるべきなのに、客観的な調査や評価を全く行わず、中国政府から報告されている、死亡者、感染者数をうのみにしているとも言われています。

中国に忖度していると言われているのは、テドロスと中国とのお金の関係が一番の原因なのでしょうか?

エチオピアと中国の親密な関係

エチオピアと中国との関係を調べてみました。

テドロス事務局長の出身地のエチオピアは、中国から巨額のインフラ投資を受けていることがわかりました。

そのことから

「彼が気にしているのは中国からの命令だ。」

「中国からいくらもらったんだ。」

という辛辣な言葉まで出てきています。

テレビでは著名人がはっきりとテドロス事務局長と中国はズブズブの関係だと言い切っていました。

テドロス事務局長は2012年から2016年までエチオピアの外相をつとめています。

その時に中国との関係を深めました。

引用元:https://www.asahi.com世界保健機関(WHO)の次期事務局長に選出されたテドロス氏(右)とチャン現事務局長

その後に前任のチャン氏の後を継いでWHOの事務局長に就任しました。

なんだか中国の狙いがあったように感じてしまいますね。

テドロス(WHO事務局長)に対する海外の反応は?まとめ

今回この記事を書くにあたり、よく耳にしたり、読んだりしていた中国とWHOのテドロス事務局長にどんな関係があるのかを調べて筆者自身も勉強になりました。

就任当時から中国との関係があったので問題視されていたのでしょうね。

辞任を要求する署名活動まで行われていて、日本の著名人も署名したと発言していてそれがニュース記事になったりもしていました。

海外の反応は、パンデミックを表明するタイミングが遅すぎる!中国寄りではないか!などといった意見が一番多かったですね。

それは日本も同じようです。

それにしても、これから新型ウイルスが収束するまでどれくらいかかるのでしょう。

今回のテドロス事務局長のパンデミック表明で各国の対応も変化していくのではないかと言われています。

日本のこれからの対応も気になります。

一日も早く普段の生活に戻れることを信じて前向きに行くしかないですね。

WHOのテドロス事務局長って一体どんな人?分かりやすく説明します!!WHOから新型肺炎ウイルスがパンデミック状況にあるという発表がされました。 パンデミックは世界的大流行って意味ですね。 WHOが過去...
三峡ダムが崩壊間近?!現状や三峡ダム疑惑の真相とは!2020年のタイムリミット中国に存在する三峡ダム このダムは最大の大型重力式コンクリートダムとされています。 近年、この世界最大とされるダムが崩壊...
スポンサー