香港歴史

香港デモの原因は?わかりやすく説明します!香港デモのきっかけはある「条例」

スポンサー

政治に弱い人でも毎日、ニュースを見ていれば香港で何が起こっているのかわかりますよね!

道路を埋め尽くす大勢の民衆。

引用元:https://www.cnn.co.jp/world/35146881.html

完全装備をした警察と衝突するデモ隊。なんだか日に日に過激になってきているのがよくわかります。

でもなんでこんなことになってしまったんだろう?と思っている人にわかりやすく説明していきたいと思います。

香港デモはなんで起きたの?その発端は?

香港デモの発端は、「逃亡犯引き渡し条例」という法律が施行されたことにあります。

ではなんで逃亡犯引き渡し条例が施行されたのでしょうか?

それは台湾でカップル殺人事件が起こったことが発端となっています。その殺人事件の加害者は彼氏さん、殺されたのは彼女さんなんですが、その犯人である彼氏さんは犯行後早々に香港へ帰国。

その後、犯人である彼氏さんは香港にいるため逮捕はされていません。台湾と香港では犯罪者引き渡し協定がなかったので犯人はのばなしになってしまったんですね。

「逃亡犯条例」は何故ダメなの?

そこで中国が、逃亡犯引き渡し条例を施行し、香港で犯罪を犯した人が中国に引き渡しできるようにしたのです。そして勝手に裁判ができるようにしたんですね。勝手にというか、そういう法律なんですが。。

中国って、自分の国に不都合な発言や思想をもった人たちを片っ端から、拘束し拷問している事実があります。

香港に住んでいても、中国にとって不都合な発言をする人を犯罪者に仕立て上げ中国に送ると言ったことも可能になってくるわけです。中国にいいように利用される可能性が高いこの法律は香港人にとっては受け入れがたいものです!

そういう理由で香港市民は中国政府を強烈に避難しているんですね。中国政府というか香港政府というか。。。もう香港政府は中国のいいなりでしょうから。


逃亡犯引き渡し条例を施行する中国の本音をわかりやすく言えば、

「中国を避難しているやつがいたら、
中国につれていって拘束しちゃおう」

みたいな感じですかね。

香港市民はこれを恐れているんですね。
もしそんなことになれば香港で自由な思想や発言ができないということなんです。

「逃亡犯引き渡し条例」は撤回されている!

この「逃亡犯引き渡し条例」は撤回されています。しかし、香港市民はデモをやめませんよね。どうしてでしょう!

それは中国が今後、また何かにつけて自由をうばっていくような行動をとるのではないかと恐れているんです。

そして、デモによって逮捕された香港市民の解放や、香港政府がデモを暴動と言ったことへの謝罪を求めています。

暴動と言ったらなんだか香港市民がテロ活動でもしているような悪いイメージがついてしまいます。

今や全世界に報道されているわけですから、香港市民はそんなイメージをうけつけるような香港政府が許せないのです!

デモは終わらないと予想する!

おそらく、今後もデモは終わらないでしょう!

デモによって逮捕された人の解放、暴動という発言の撤回がない限りはまだまだデモは続いていくでしょうね。

ここまでくると、中国から独立するまで
デモはおさまらないんじゃないかと思ってしまいます。

天安門事件の悲劇が再来しないことを願うばかりですね。

香港の覆面禁止法とは?その内容と「なぜ緊急発動」されたのか!2020年6月から始まった香港のデモはこれまで中国が約束してきた「一国二制度」が守られていない不満が爆発して始まったものだといえます。 ...
スポンサー