歴史的事件

愛知豊明母子4人殺人放火事件!犯人は誰?未だに未解決のまま・・・

スポンサー

今回は、2004年の9月に愛知県豊明市で起きた、お母さんと子供たち3人が殺されてしまった、いたましい事件のことをお話ししていきたいと思っています。

この事件には、いくつかの謎が残っていてとても気になるんです!

いまだに未解決の事件です。

事件の詳細やいまだに捕まっていない犯人はいったい誰なのかについて調べたこと、私なりに考えた事をお話ししていきます。

愛知県豊明市殺人放火事件の経緯!

 

2004年9月9日、愛知県豊明市沓掛町の民家で火災があり、火はすぐに消し止められましたが、母親の加藤利代さん(38歳)と長男(15歳)、長女(13歳)、次男(9歳)の4人が亡くなりました。

当初は、民家火災で事件性はないと思われていましたが、その後の調べで灯油をまいた跡や母子の遺体に損傷があったことから、愛知県警察はすぐに殺人放火事件の特別捜査本部を設置しました。

当日、父親の博人さん(45歳)は、残業で家にはいませんでした。。。

前日の夜11時頃に、博人さんが家に電話をした時は、特に異変は感じなかったそうです。

9月9日の午前4時25分頃に、近隣住民から119番通報がありました。

焼け跡から発見された4人の遺体には、損傷があり、また遺体には抵抗した痕跡がなかったので、寝ているところを襲われたようでした。

そして、肺にたまったすすの状況から放火後も生きていた可能性が非常に高くなりました。

もう一つ、肺の中のすすの状況から次男、母親、長女、長男の順で死亡したこともわかりました。

これがわかっても、恐いだけのような気がしますが。。。

灯油のまかれた範囲は遺体周辺と広範囲になりますが、被害者宅には灯油はありませんでした。

灯油は犯人が持ち込んだものとみられ、被害者宅からは、散乱したマッチの燃えかすや灯油がしみ込んだ新聞紙が発見されました。

犯人は、火をつけて逃げる時間をかせいだ可能性も考えられますが、被害者宅の庭や周辺、犯人が逃走したと思われる道路などからは血液反応は出ませんでした。

殺害時に返り血を浴びた犯人が、着ていた衣類を現場で一緒に燃やした可能性もあるということです。

2階で発見された母親、長男、長女の遺体には布団がかけられていました。

よく、遺体に布や布団などをかけて顔を見えなくしているときは、被害者の知人の可能性が高いとテレビで、元警察OBがコメントしていました!

なぜか、次男だけは1階の居間で発見されています。

出火は午前4時過ぎで、犯行は30分ほどで短時間で行われたものと見られています。

午前4時頃、ギャーという女性の悲鳴を近隣住人が聞いたという報道もありました。

強盗殺人の可能性は?

貴金属類や通帳などを触った形跡はなく、被害者宅から見つかった財布には現金が入っていませんでしたが、犯人によって抜き取られたかどうかは不明です。

報道では、燃え残った現金が発見されたという情報もありました。

なので、強盗殺人の可能性はとても低いと思います。

犯人の侵入経路がわかっていない!

この事件では、犯人の侵入経路が正確にはわかっていません。

被害者宅の玄関や勝手口、1階の窓はすべて鍵が閉まっていました。

ただし、高熱で変形してしまい確認が出来ない窓もあったそうです。

唯一、2階の長男の部屋は網戸だったので入ることは可能でしたが、2階に上がるためのはしごをかけた跡や、犯人の侵入した形跡は見つからなかったそうです。

車庫内の所定の場所に勝手口の鍵が隠されていましたが、これは残業で帰宅時間が遅くなる父親が妻に置いておくように頼んだものでした。

旦那さん、どうして鍵持ち歩かないのだろう?

この鍵は、同じ場所から発見されているので犯人が侵入時に使用したかは不明だそうです。

被害者の性別によって殺害方法が違う!

母親と長女は、刃渡り約20センチのサバイバルナイフで顔や背中などを執拗に刺されていました。

一方、長男と次男は金属製のバールのようなもので撲殺されています。

犯人は、なぜわざわざこんな面倒なことをしたんだろう。。。

怨恨?犯人の執拗な殺し方!

長男と次男は、バールのようなもので殴られたことで頭に数センチの陥没骨折がありました。

何度も殴られた形跡はなく、一撃だったようです。

それぞれ、急性くも膜下出血、脳挫傷が死因です。

母親と長女ですが、顔や背中など10ヶ所以上刺されていて、母親には肺に達するまでの深い傷があり、長女は刺されたときの強い衝撃でろっこつが折れていました。

死因は、出血性および外傷性のショック死とみられています。

犯人は誰?1年前から不審者が・・・!

事件が起きる1年ほど前の2003年7月頃、加藤さん宅の玄関のドアを、むりやりがちゃがちゃ開けようとする不審者に次男が気づいて、外出中の母親に連絡しました。

2004年に入ってからも、加藤さん宅をジロジロ見ている不審者が目撃されていました。

 

また、消火作業をしていた地元の消防団員が現場付近で、不審車両を目撃していました。

尾張小牧ナンバーのトヨタ・ハイエースのスーパーGLで、運転していたのは、30代から40代くらいの男性ということです。

残る疑問。なぜ犬だけが。。。

被害者宅では、犬を飼っていました。

この犬は普段よく吠えるのに、事件発生時、犬が吠えるのを聞いた住人はいません。

そしてこの犬は、火災のときにはなぜか首輪が外されていて、被害者宅の車の下に隠れて、生きていました。

愛知豊明母子4人殺人放火事件!犯人は誰?まとめ

今回の事件は、謎の多い事件ですね。

犯人の侵入経路もわからず、次男だけ1階で殺されていて、普段よく吠える飼い犬が吠える声を誰も聞いていなかっただけでなく、犬の首輪が外されていたということです。

もっと不思議に思ってしまうことは、この事件があった半年後の2005年3月11日に遺族である父親が、仕事がらみの詐欺容疑で逮捕されたことです。

家族を亡くしてまだ半年の人が、こんなことをする気力があるんだなと思ってしまいます。

事件発生から5年後、家は取り壊されたそうです。

亡くなった4人の為にも、早く犯人が捕まって欲しいですね。

三毛別羆事件の写真は本物?復元現地がすごい!閲覧注意の事件詳細!!ヒグマは、ときに人を襲い食い荒してしまう恐ろしい生き物。どんな筋肉隆々の男性さえもその巨大なヒグマには勝てません! 北海道の人々はいつ...
ナッツリターン事件とは?韓国財閥の娘が引き起こした迷惑行為!みなさん、ナッツリターン事件と聞いて、当時ナッツ姫とも呼ばれた、韓国財閥の娘の副社長の事を思い出しましたか? あの事件は、チョ・ヒョナ...
スポンサー