アジア歴史

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争をわかりやすく解説!戦後稀に見る最悪の紛争がこれだ!

スポンサー

みなさん、こんにちは!

まさに今この瞬間にも世界のどこかで戦争が起きていますが、今から約30年前の1992年、ヨーロッパ東部のボスニア・ヘルツェゴヴィナで紛争が起きました。

この紛争は第二次世界大戦後のヨーロッパで最悪の紛争と言われています。

いったい何が最悪だったのでしょうか?

今回は、そのボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争について解説します!

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ~あの世界大戦が始まった場所~

ボスニア・ヘルツェゴヴィナと聞くと、どんなイメージがあるでしょうか?

正直、あまりパッと思いつかないかもしれません。

そんなボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都はサラエボです。

「サラエボ」と聞くと、世界史好きの人は何か思い出すのではないでしょうか?

そうです、それは第1次世界大戦の引き金にもなった「サラエボ事件」です。

この事件は、オーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者夫妻がサラエボでセルビア人青年によって暗殺された事件です。

そして、この事件をきっかけにあの第1次世界大戦が始まったのです。

みなさんが知っているあの第1次世界大戦は、このサラエボでの事件が引き金だったのです。

サラエボがあるこの国は、世界的に有名な出来事の舞台であったことが分かると思います。

かつて存在した国・ユーゴスラビアを構成する国だった

ヨーロッパ東南部のバルカン半島に、かつてユーゴスラビアという国がありました。

ユーゴスラビアは連邦制の国家であり、その中には6つの共和国が存在しているとても複雑な国家です。

その6つの共和国というのがスロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、モンテネグロ、セルビア、マケドニアです。

ユーゴスラビアは7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字、1つの国家」と呼ばれ、とても複雑な多様性がある国家でした。

ユーゴスラビアの国民のなかには「自分の民族だけが偉いんだ!」と主張する民族主義者が居ました。

しかしユーゴスラビアの大統領がチトーだったとき、民族主義者は弾圧の対象となりました。

そのため、ユーゴスラビアは民族同士の衝突が起きそうになりながらも、チトーの政策によって平和を保っていました。

3つの民族~ボシュニャク人とセルビア人とクロアチア人~

そんなユーゴスラビアの中にある国 ボスニア・ヘルツェゴヴィナでは、主に3つの民族が暮らしていました。

ボシュニャク人、セルビア人、クロアチア人です。

ボシュニャク人はユーゴスラビアに居るイスラム教徒のうちの1民族です。

紛争が起きる前、ボスニア・ヘルツェゴヴィナでの民族の割合は、ボシュニャク人が約40%、セルビア人が約30%、クロアチア人が約20%でした

チトーが国を治めていたときは、これらの民族同士で暮らしていたり、民族間で結婚したりと、民族間の対立はほとんどなかったのです。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争~戦後欧州で最悪の紛争~

1980年にユーゴスラビアを平和におさめていたチトー大統領が亡くなりました。

このあたりから、ユーゴスラビアで抑え込まれていた民族主義が各地に広がってきます。

また、スロベニアはユーゴスラビアのなかで経済的に豊かだったので、他の共和国に自分たちのお金が使われることに不満を感じていました。

これらのような事情から、連邦の構成国であることに不満を持つ国がどんどん現れ、ユーゴスラビアからの独立を望むようになります。

しかしセルビアはこうした動きに反対でした。

そしてセルビア人の民族主義者 ミロシェビッチがセルビアのトップになると、「大セルビア主義」というセルビア民族主義をかかげます。

こうしてユーゴスラビア内の各国で緊張が高まってきました。

そんな中、1991年にスロベニア、クロアチア、マケドニアが独立を宣言し、スロベニアとクロアチアでは紛争が起きます。

これが、この後2001年までユーゴスラビアの各地で起こった紛争「ユーゴスラビア紛争」の始まりなのです。

そして1992年にはボスニア・ヘルツェゴヴィナが独立を宣言します。

対立する3民族、そして最悪の紛争が始まる

ボスニア・ヘルツェゴヴィナでは、ボシュニャク人とクロアチア人が独立を望んでいましたが、セルビア人は独立に反対でした。

なお、ボシュニャク人とクロアチア人は仲が良い者同士というわけではありませんでした。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナが独立を宣言した後、EC(欧州共同体)が独立を承認します。

この承認をきっかけにセルビアは、ボスニア・ヘルツェゴヴィナに対して軍事的行動を起こします。

こうしてボシュニャク人、セルビア人、クロアチア人による三つ巴の紛争「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争」が始まってしまったのです。

戦場と化したボスニア・ヘルツェゴヴィナ

紛争が始まるとボスニア・ヘルツェゴヴィナは文字通り戦場となりました。

あちこちで銃声や砲弾の音が聞こえるのは日常茶飯事で、街にある建物や家は廃墟となりました。

兵力はセルビア人勢力が圧倒しており、兵力で劣るボシュニャク人勢力とクロアチア人勢力は劣勢を強いられます。

ボシュニャク人とクロアチア人はともに独立派ですが、お互いに敵対している関係です。

敵対する民族への攻撃、特にセルビア人によるボシュニャク人への攻撃はとどまることを知らず、何の罪もない一般市民がたくさん亡くなり、その中には子どもも居ました。

首都のサラエボではセルビア人勢力によって周りが包囲され、必要なモノを外から運ぶことができなくなり、水道・電気・電話回線も断たれ、まともじゃない生活を強いられたのです。

その後も敵対民族に対する攻撃・迫害は続き、この悲惨な紛争は1995年まで続くことになるのです。

スレブレニツァの虐殺~男性8,000人が殺害された~

戦禍は既に最悪なものとなっていますが、この紛争ではもっと最悪なことが起きます。

それが「民族浄化」と呼ばれる、暴力による他民族の徹底的排除です。

民族浄化では同じ人間のすることとは思えない、きわめて非道な行為が行われました。

その1つが虐殺です。

その中でも、セルビア人勢力によるボシュニャク人の虐殺は悪名高く、プリイェドルやフォチャなどの各地で虐殺が行われていました。

19957月には、この紛争で最悪規模の虐殺が起こります。

それが「スレブレニツァの虐殺」です。

スレブレニツァを制圧したセルビア人勢力は、市民を男性と女性に分けて別に連行し、その後ボシュニャク人の男性8,000人を2週間ほどで殺害しました。

セルビア人は虐殺によってボシュニャク人を絶滅させようとしたのです。

この虐殺は第二次世界大戦後、最悪の虐殺となりました。

その後のスレブレニツァには、虐殺に遭った人たち約6,000人の墓地が建てられ、見渡す限り無数の墓地の光景が広がっているのです。

大量強姦~悲鳴をあげて泣き叫ぶ女性たち~

民族浄化で起きた極悪非道の行為は虐殺だけではありませんでした。なんと、女性に対する強姦も民族浄化の手段として実行されていたのです。

強姦の被害にあったのは主にボシュニャク人の女性です。

特に酷かったのは、フォチャで暮らすボシュニャク人女性に対して行われたセルビア人による強姦です。

強姦はセルビア人勢力によって組織的に行われました。

セルビア人はボシュニャク人を強姦用の収容所へ連行し、集団強姦のみならず暴行も加えました。

時間帯など関係なくセルビア人勢力はこの収容所を訪れ、好みの女性を選んで強姦したのです。

収容所では泣き叫ぶような悲鳴が響きわたっていました。

このように民族浄化では、女性の尊厳を非道極まりなく踏みにじる犯罪も犯されていたのです。

戦後ヨーロッパで最悪の紛争、終結

熾烈を極める紛争は、NATOがセルビア人勢力に対して大規模な空爆を実行したことにより、終結へ向かい始めます。

この空爆によりセルビア人勢力は一気に勢力を弱めます。

このことによって戦闘は終わり、199512月のデイトン合意によりボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争は終結したのです。

この紛争で約20万人もの人々が亡くなったと言われています。

この紛争は戦闘による死者が多いだけでなく、虐殺や強姦といった極悪非道な行為が人間によって犯されたのです。

そういう意味でこの紛争は、第二次世界大戦後のヨーロッパでまごうことなく最悪の紛争なのです。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争の原因と問題点

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争では非常に多くの人が死に、虐殺や強姦のような残虐極まりないことが起こりました。

どうして、このような紛争は起きてしまったのでしょうか?

そして、問題はどこにあったのでしょうか?

ここではボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争の原因と問題点について考えます。

偉大なリーダー チトーの死

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争が起きた原因の1つは、かつてのユーゴスラビアのリーダー、チトーが亡くなったことです。

チトーの実績は本当に素晴らしいものでした。

前述したようにチトーは、複雑な多様性を抱えたユーゴスラビアを治めていました。

ユーゴスラビアは「自分の民族だけが偉いんだ!」という民族主義が台頭しやすい状況にありました。

しかしチトーはそのような民族主義者を秘密警察によって弾圧したのです。

またチトーの実績では、スターリンを負かせた実績も無視できません。

スターリンといえばソ連のリーダーで、大粛清を行った恐ろしい人物です。

そんなスターリンがソ連からチトーを暗殺するために刺客を送ったのですが、なんとチトーが送った秘密警察がそれを返り討ちにしたのです。

なんと優秀な秘密警察でしょう!

しかもそれだけでとどまらず、チトーは「今度はこちらからお前の方に刺客を送るぞ」と突き返し、スターリンはこれに対して何もしないでいるしかなかったのです。

チトーはこのようにしてユーゴスラビアを内側からも外側からも守っていたのです。

その他にも数々の政策によってユーゴスラビア全体の社会を良くしていきました。

このような素晴らしいリーダー、チトーのおかげでユーゴスラビアの人々は何不自由なく平和に暮らすことができたのです。

しかしチトーの死後、彼のような素晴らしいリーダーが現れず、平和だった頃から一転し、抑圧されていた民族主義がキバをむくことになるのです。

そしてボスニア・ヘルツェゴヴィナを含むユーゴスラビアの各地は戦火にさらされてしまうのです。

素晴らしいリーダーの存在がどれだけ大事なのか、皮肉なことに紛争によってよく分かる実例となってしまったのです。

民族意識は戦争の火種となる

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争が悲惨な事態になった原因として「民族意識」が挙げられます。

この紛争ではボシュニャク人とセルビア人とクロアチア人が戦闘しましたが、かつてのボスニア・ヘルツェゴヴィナでは「誰々が何人(なにじん)か?」のような民族の違いなど関係ありませんでした。

お互いの民族がともに混在して生活していたのです。

しかしチトーが亡くなって民族主義が台頭した頃、特にセルビアではリーダーたちが「全ての民族をセルビアに統一しよう」という大セルビア主義を掲げました。

その中でも彼らは特にボシュニャク人を蔑視しており、紛争前に「ボシュニャク人は絶滅するだろう」と発言したリーダーも居たのです。

それからはボシュニャク人は、セルビア人からけがらわしいものとして見られることになるのです。

こうして民族間で衝突し、紛争では2章で述べたような虐殺・強姦をするに至ってしまうのです。

なお、この記事では主にセルビア人が行った残虐な行為を述べましたが、クロアチア人もボシュニャク人に対して虐殺と強姦による民族浄化を犯していました。

こういったことを踏まえると、そのような民族主義の根元にある民族意識は危ない概念であり、戦争の火種となる可能性を持っています。

日本人の私たちも、外国人を見て「あの人は~人(じん)」ということを知らず知らずのうちに意識していると思います。

そういう意味では私たちにとって、戦争の火種となりかねない「民族主義」は決して遠い考えではないように思います。

国連の対応の不適切さ

ここではボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争での問題点について考えます。

この紛争において問題の1つとされているのは、国連の対応です。

国連はこの紛争への介入にそもそも消極的でした。

セルビア人による蛮行が明るみに出て、それを受けた国際社会からの批判を受けて、国連はようやく動き始めたのです。

こうしてボスニア・ヘルツェゴヴィナに国連保護軍が送られます。

しかし国連保護軍の兵力は、セルビア人勢力に対抗するのに人員も兵器も全く足りなかったのです。

「スレブレニツァの虐殺~男性8,000人が殺害された~」でお話したスレブレニツァは、国連によって指定された「安全地域」の1つでした。

国連保護軍はここを包囲していましたが、スレブレニツァへ向けて侵攻してきたセルビア人勢力は兵力で圧倒的に勝っていたので、国連保護軍はセルビア人勢力に対して無力でした。

このようにしてスレブレニツァが制圧されたのです。

スレブレニツァが制圧される前にはセルビア人勢力に対する空爆が国連保護軍側から要請されていたのですが、なんと国連保護軍と空爆決定権者の間に手続きミスがあり、空爆はされなかったのです。

なんとも滑稽な話ですよね。

最終的に空爆決定権者に要請が届いたのはスレブレニツァが制圧された後で、そこには国連保護軍が居たので空爆を中止せざるを得なかったのです。

そしてその後、スレブレニツァの虐殺が起きたのです。

結局、国連保護軍はセルビア人勢力の兵力に対して何もできませんでした。

このような国連側の兵力不足や手続きミスは、国連側の内部における連携の不十分さに原因がありました。

こうした連携の取れなさは、組織としての国連の体質に問題があったことにより起こったのです。

その結果、国連はセルビア人勢力に対して何もできなかったのです。

国連とはいったい何なのか?

世界を平和に向けて解決してくれる存在、そう思う人も居たかもしれませんが、ここで述べたことがそんな国連の実態なのです。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナのいま

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争が終結してから約25年が経ちました。

紛争後、この国はどうなったのでしょうか?

そして国民はどのような気持ちで生きているのでしょうか?

この章では紛争後のボスニア・ヘルツェゴヴィナについて見ていきます。

4分断は今も続いている

結論から言うと、民族間の融和には至っていません。

今でも民族の間で不和があります。

紛争後、ボスニア・ヘルツェゴヴィナは、ボシュニャク人とクロアチア人が主体の「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ連邦」、セルビア人が主体の「スルプスカ共和国」からなる連邦国家となりました。

現在、この国の政治は、ボシュニャク人の代表、セルビア人の代表、クロアチア人の代表が8ヶ月の交代制で国家元首を務めるというやり方で行われています。

私たちからすると想像がつきませんよね。

このような現実を見ると、民族間の融和はまだまだ遠いように思えます。

そういう点では、今は戦闘が行われてはいないものの、本当の意味で「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争」は終わっていないのです。

負った悲しみは絶対に消えない

紛争終結から約25年が経った今でも、紛争に遭った人、家族を亡くした人たちが負った悲しみが消えることはありません。

無理もありません。

何の罪もない人たちが、戦闘、虐殺によって死んだのです。

スレブレニツァの虐殺の犠牲者の中には約25年が経過した今でも遺体が見つからない犠牲者がおり、大切な人を亡くした遺族が今も遺骨を探し求めているのです。

虐殺から生き残っても、紛争のショックから精神に異常をきたし、一家が文字通り離散した家族も居ます。

強姦の被害にあった女性も心に消えない深い傷を負っています。

強姦のショックが消えず、今も薬の服用が不可欠な女性も居るのです。

民族浄化での強姦によって産まれた子供も存在し、自分を産んだ母親を知らない人も居ます。

戦争がもたらす悲しみが消えることは一生ないのです。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争をわかりやすく解説!まとめ

今回はボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争について解説しました。

いかに酷いことが起きていたかが分かったと思います。

しかし、実際には他に虐殺・強姦・事件はたくさんあり、今回取り上げたのはその一部にすぎません。

また、紛争が起きた原因・紛争の問題点をいくつか挙げましたが、この紛争について調べれば調べるほど、原因や問題点はたくさんあり、そして複雑であることが分かってきます。

かつて平和で何不自由なく暮らせたユーゴスラビアの人々は、そこから一転して紛争に巻き込まれました。

紛争を引き起こしたのは他でもない人間で、しかも約30年前と最近の出来事なのです。

そういう意味ではこの紛争は私たちから決して他人事ではないと思います。

こんな最悪なことを絶対に起こさないためには、どうしなければいけないのか?

私たちはこの紛争から学ばなければなりません。

次に読みたい関連記事はこちら

関連記事ルーホッラー・ホメイニーとイラン革命についてわかりやすく解説!反米感情がすごい!
関連記事アサド政権をわかりやすく解説!シリアってどんな国?自国民を死なせる独裁政治とは?
関連記事中東戦争をわかりやすく説明します!今も紛争が絶えないのはなぜ?
関連記事カダフィ大佐って何をした人?政策がすばらしい!日本人が知らないカダフィ大佐。

【参考文献・参考サイト】

ボスニア・ヘルツェゴビナ基礎データ|外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/bosnia_h/data.html
ボスニアの融和はまだ遠い 一つの校舎、教室は民族ごと:朝日新聞GLOBE+
https://globe.asahi.com/article/12174650
ボスニア追悼式典で一部対立: 日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM11H7Z_R10C15A7000000/
CNN.co.jp:スレブレニツァ虐殺20年で追悼式、群衆がセルビア首相に石https://www.cnn.co.jp/world/35067252.html
戦時下のレイプで生まれたボスニア青年、「答え」求め実親捜しへ
https://www.afpbb.com/articles/-/3047949

スポンサー