日本歴史

幕末四大人斬りとは?幕末動乱気の冷血すぎる暗殺者をご紹介!

スポンサー

さて、突然ですが幕末の四大人斬りってご存知でしょうか?

江戸時代末期、幕末動乱の時期に人斬りと恐れられていた4人の人物がいたのですが彼らの剣は超超一流で、たくさんの暗殺に関与したと言われています。

でも、幕末の四大人斬りとか聞いたことないわ

ちゃんと実在した人物で写真まで残っておるんじゃ

それより、あんたそろそろデカくなりなさいよ

この剣遣いの4人組、なんだかすごい怖そうなイメージですよね。今回はそんな4人の人斬りたちについて、キャラクターや生涯についてわかりやすく解説したいと思います!

人斬り達が活躍した時代ってどんな時代?

幕末四大人斬りを説明する前に、少しだけ当時の日本の様子を説明しておきますね。

江戸時代末期の1853年、ペリーが開国を求め黒船に乗り、日本にやってきたのが事の始まりです。

「開国しよう」という開国派や「外国人を追い払え」という攘夷派、「弱腰な幕府を倒そう!」という討幕派や、「天皇中心の政治に戻そう」という尊皇派まで、たくさんの思想を持つ人たちが現れました。

そして思想が違う者同士、争うようになります。

もちろん、話し合いで目的を果たそうとする人々もいましたが、話でまとまらないならば殺してしまえ!と力で解決しようとする人々もおり、日本中で斬り合いや暗殺がおこりました。

とっても物騒な世の中ですよね。おぉ・・恐い・・・

そして、そんな時代は日本の歴史の中で最も剣術が盛んだったとも言われています。

ドラマや映画で有名な、剣の達人集団といわれている新選組が活躍したのもこの時代です。

たくさんの剣の達人たちがいる中で特に人斬りと恐れられていた4人の人物が、のちに幕末四大人斬りと呼ばれるようになりました。

彼らはどんな人物だったのでしょうか?さっそく1人ずつ説明していきたいと思います。

土佐の人斬り!岡田以蔵ってどんな人物?

1人目は土佐出身の岡田以蔵

へぇー!初めて聞いた!という人もいれば、ん?なんか一度聞いたことあるかも・・・?と感じる人もいるのではないでしょうか?

実は2010年の大河ドラマ『龍馬伝』であのイケメン俳優・佐藤健さんが岡田以蔵を演じていました!

岡田以蔵の名前を聞いたことがある人も、聞いたことがない人も、佐藤健さんが演じていたと聞けば、もしかしてイケメンで剣が強い人物なのか??と興味が沸いてきたのではないでしょうか?

期待を裏切ってしまいゴメンナサイ!

性格は乱暴で学問がなく、顔は出っ歯で、体は大きくてたくましかったと伝えられているそうです・・・・残念。

これが現実ね・・・・

気を取り直して、岡田以蔵について説明していきますよ!

岡田以蔵の生涯は?

岡田以蔵は1838年土佐に生まれます。

そして同じく土佐藩出身で剣の達人でもある武市半平太にかわいがってもらい、様々な流派の剣術を学んだり、剣術の修行に連れて行ってもらったりします。

1861年には武市半平太たち土佐藩の藩士たちによって、尊王攘夷を目標に掲げる『土佐勤王党』と呼ばれるグループが作られました。

最初、武市半平太は『岡田以蔵は学問がないからこのグループに参加するのは向かない』と思い、岡田以蔵にグループのことを黙っていました。

武市半平太の事を慕っていたのに、なんだかかわいそうな岡田以蔵・・・

しかし、ある夜武市半平太はグループのメンバーと密談しているところを岡田以蔵に見つかってしまい、仕方なく岡田以蔵の参加も認めることになりました。

グループができて間もなくすると、佐勤王党は敵対する派閥を話し合いではなく力で排除するようになります。

さあ、岡田以蔵の出番です!

学問がないと言われていた岡田以蔵ですが、剣術であれば活躍できます!

1862年6月武市半平太と一緒に京都へ行きます。

82日、まず初めに井上佐一郎という人物の暗殺を行います。

岡田以蔵が手拭いで井上の首を絞め、他の人が抑え込み、また別の人が股間を蹴り上げ・・・

アレ!?剣は?剣はどこに??

820日、本間誠一郎という人物の暗殺を行います。

このとき岡田以蔵は扉を斬りつけてしまった為、剣が折れたそうです。

アレ?剣の腕前は・・・?

その二日後の22日、安政の大獄に関与したと言われている宇郷重国が殺されますが、手を下したのは、肥後の人物とも岡田以蔵ともいわれているそうです。

誰が犯人なのかわからない辺り、なんだか暗殺者っぽくなってきましたね。

30日、宇郷の手先である文吉という人物の暗殺も行います。

この時は「斬ったら剣が汚れる」と絞殺しました。そして全裸にして、杭に縛り付け、陰茎に竹串、肛門に竹を刺し晒したそう・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

その後もどんどん暗殺をおこなっていきます。

しかし1863年の1月か2月に脱藩し、坂本龍馬と一緒に行動するようになります

3月には坂本龍馬の仲介もあり、あの勝海舟の護衛をするように!

ある日、勝海舟が夜歩いていたところ、3人の男に襲われました。しかし側にいた岡田以蔵がすぐに1人の男を斬ったため、残りの2人は逃げていきました。

ちゃんと活躍している!!

でも、後日勝海舟に「むやみに人を殺してはいけない」と忠告されたそう。

護衛としての責任を果たしたのに、この言われよう!!

その後はジョン万次郎の護衛に付き、6人もの襲撃者からジョン万次郎を守り抜きました。

しかし、1864年岡田以蔵は捕らえられてしまいます。そして女でも耐えることができるような拷問で泣き叫び、今までの暗殺や関わった仲間たちのことを白状してしまい、最後には打ち首となってしまいました。28歳という若さでした・・・

肥後の人斬り!河上彦斎(かわかみ げんさい)ってどんな人物?

 

2人目は肥後出身の河上彦斎!

漫画が好きな人は知っているかもしれません!アニメ化や映画化もされた有名な漫画『るろうに剣心』の主人公、『緋村剣心』のモデルとなった人物です。

映画ではこれまたイケメン俳優の佐藤健さんが緋村剣心を演じていました。そうきくと、またちょっと期待しちゃいますよね。

河上彦斎もチビだった?

実際の河上彦斎は礼儀正しく、身長は152cm程と小さく、色が白く痩せていてやわらかい声の人物だったそうです。男性にしてはかなり小さく感じますが、当時の男性の平均身長が155cm程だったことを考えると、平均より少し低いところですね。

イケメンかどうかはわかりませんが、今でいう中性的男子のような感じでしょうか?

恐そうな人をイメージとはかけ離れていてちょっと意外!

河上彦斎がどこで剣術を学んだかは不明ですが、右足を前に出して膝を曲げ、左足の膝を地面に着くほど後ろに伸ばして、右手だけで相手を斬っていたそう!

コレ!この動作を実際に真似してみるとわかりますが、なかなかきつい態勢です・・・(汗

かなり運動神経が良かったのでしょうか?

では、河上彦斎の生涯について説明していきたいと思います

河上彦斎の生涯は?

1834年、肥後藩士・小森貞助の子として生まれますが、その後河上家の養子となります。

まだ肥後にいた頃、河上彦斎の知り合いが家宝の刀を見てほしいと頼んできたことがありました。河上は刀を眺めたのち、いきなりその知人を斬ろうとしてきました。

びっくりした知人が叫ぶと、河上彦斎は「刀は人の骨をよく斬ることが出来たら十分、名刀かどうかは全体のバランスがとれているか。それを今アナタで試したところだ。これはいい刀だ」と言ったそう。

コワい!見た目からは想像できないクレージーさ!!

世の中が混乱してくると、河上彦斎は肥後藩を脱藩し長州藩に亡命します。そして討幕運動に積極的に関わるようになりました。

1864年の池田屋事件でたくさんの仲間が殺されたことを知った河上彦斎は、京都に向かいます。そして、開国派の一人であった佐久間象山の暗殺を計画しました。

711日、馬にのった佐久間象山に近づくと左わき腹を一刺し!しばらくは馬に乗って逃げた佐久間象山でしたが、途中で落馬してしまいます。

佐久間象山に追いついた河上彦斎は佐久間を滅多刺し!!傷は11か所もあり、右足はほぼ切断していたそう・・・。

その後もたくさん暗殺を行ったと思うでしょう?

実は河上彦斎が関与したとはっきりとわかっている暗殺は、この佐久間象山だけなのです。しかし、たくさんの逸話が残されていることから、きっと彼はたくさんの暗殺に関わっていたに違いないと言われているのです。

The 暗殺者!!って感じですね。

1867年に肥後藩に帰りますが、当時の肥後は幕府よりだったため、捕らえられてしまいます。その後新政府が発足すると、出獄させられました。

しかし、新政府は開国する政策を進めていたため、開国に反対だった河上彦斎は新政府から嫌われてしまいます。そして、1871年取り調べも全くないまま、陰謀を企てたとして打ち首にされてしまいました。享年38歳・・・。

討幕派だった河上彦斎ですが、暗殺のプロが生きていると考えると、やっぱり恐いものですよね。きっと新政府からも恐れられていたのでしょうね。

薩摩藩の人斬り!田中新兵衛ってどんな人物?

3人目は薩摩出身の田中新兵衛。

あまり、映画化やドラマ化される人物ではないため岡田以蔵や河上彦斎と比べると、なんだか影が薄く感じてしまいますが・・・。

とても勇敢な性格だったと伝えられています。

薩摩の剣術といえば、薬丸自顕流が有名で、田中新兵衛もこの薬丸自顕流を学んでいました。

当時の多くの剣術が、武士としての礼儀作法などを学び、人を本気で殺すための剣術ではなかったと言われています。しかし、薬丸自顕流は本気で人を殺す剣術!

防御のことは何も考えず、最初の一撃に全てを込めて斬りつける!という剣術でした。

ですから薬丸自顕流と戦うと、一撃から守ろうとして刀ごと斬られたり、守りの刀がそのまま額にめり込んで死んでしまったり・・・ということが多くありました。

とても痛そうな死に方・・・

あの新選組も薩摩の最初の一撃は避けよと言っていたそうです。

そんな薬丸自顕流を学んだ田中新兵衛はどんな生涯を送ったのでしょうか。

田中新兵衛の生涯は?

1832年薩摩に生まれました。実は生まれははっきりとわかっておらず、武士の子ではなく、薬屋か船頭の子とも伝えられています。

そして薩摩にいる時に薬丸自顕流を学びました。

1858年からおこった安政の大獄に、薩摩藩の一部の武士たちが激高し脱藩を試みようとしたことがありました。田中新兵衛はその時に用意された船の船長になる予定でした。

この脱藩計画は中止になりましたが、このことがきっかけで、田中新兵衛は尊王攘夷を志すようになります。

尊王攘夷とは天皇を敬い、外国の侵入を断固阻止する考えじゃ!

ふんどし姿で殺された島田左近

1862年に京都に行くと、720日に安政の大獄に関わったとされている島田左近の暗殺を仲間とともに計画。

島田左近が呑気に妾の家でふんどし姿で涼んでいたところに田中新兵衛と仲間3人が襲撃!びっくりした島田は妾の家から逃げますが、待ち構えていた仲間に斬られてしまうというなんともかっこ悪い最後・・・・

まさか妾の家でふんどし一丁でいるところを襲われるなんて、思ってもいなかったでしょうね・・・

ふんどしって「褌」ってかくのよ!知ってた?

・・・・・・・・

その後田中新兵衛は土佐勤王党と行動を共にし、820日には岡田以蔵と一緒に本間精一郎を暗殺します。

そして、今度は薩摩、土佐、長州の仲間で渡辺金三郎たち、4人を暗殺しました。

1863520日に、初めて公家の姉小路公知(あねがこうじきんさと)が暗殺されます。そのときに姉小路公知が暗殺者から奪ったとされる刀が遺留品として残されました。

捜査の結果、この刀の持ち主は田中新兵衛ではないかということで、田中は奉行所に捕まったのです!

やっと捕まったのね。警察も無能ね

昔は操作技術も今ほど高度ではなかったから仕方ないんじゃ

そして田中新兵衛を尋問しようとすると、田中は一言も発せず、突然自分で脇刺しでお腹を突き刺しそのまま喉も切って死んでしまいました。32歳でした。

警察無能すぎ。ナイフを取り出し脇とお腹と喉を刺すまでに何秒あるとおもってんの?その間に止めれただろ。無能め

そう言われるとそうじゃが・・・

なんとも潔い最後ですね。

実はこの刀は、2,3日前に盗まれたという証言や、他に黒幕がいるとの噂も流れましたが、本当に田中新兵衛が犯人なのかどうかはわかっていないそうです。

もう1人の薩摩の人斬り!中村半次郎ってどんな人物?

4人目も薩摩出身の中村半次郎!

中村半次郎も、若手の俳優ではありませんが、榎木孝明さんが2010年公開の映画『半次郎』で中村半次郎を演じています。

 

実際はどのような人物だったのでしょうか?

体が大きく、若いときは生意気な態度が目立ちましたが、才能もあり心が広い人物だったといわれています。

他の3人と違い中村半次郎は写真が残っています!

筆者の個人的な感想ですが、優しそうな顔つきで、あまり人斬りには見えない・・というのが正直なところです。

15歳の時から小示現流の道場に通いましたが、家が貧しく途中で通えなくなりました。その後、今度は薬丸自顕流の道場に通ったと伝えられています。

抜刀術が得意で、軒から雨粒が地上に落ちるまでに3回も抜き打ちできたといわれています。

すっすごーい!なんだかものすごく速そう!そして強そう!

また、家の庭や近所の木を相手に剣術の練習をしたため、木が枯れてしまったとの逸話も残されています。

オシャレさんとしても有名で、維新後はフランスの香水をつけていたそう!

そんなオシャレさんな中村半次郎はどのような生涯だったのでしょうか?

中村半次郎の生涯は?

1838年、薩摩藩の下級武士の子として生まれます。家がとにかく貧しく、勉強することも出来なかったと思われていました。

当時の武士の教養であった漢文があまり得意ではなかったことから、謙遜して「自分は文字が読めない」と言っていたそうですが、読み書きは普通にできて、日記を書いていたそうです。

1862年に薩摩藩主の父、島津久光の京都行きに付いていき、そのうち他の藩の藩士たちと交流するようになりました。

そして討幕を志すようになり、薩摩藩の家老の小松帯刀や西郷隆盛たちから重用されるようになりました。

この時の活動は、どちらかというとスパイ活動のようなものが多かったそうです。

1867年、中村半次郎は赤松小三郎という人物の暗殺を考えるようになります。

赤松小三郎は兵学に詳しい上田藩士で、薩摩藩士もこの赤松小三郎に兵学を学んでいました。

しかし、上田藩から帰ってくるように命じられた赤松小三郎を、幕府のスパイではないかと考える薩摩藩士たちもいて、中村半次郎もその一人でした。

そして93日、赤松小三郎が歩いているところをたまたま見つけた中村半次郎は、仲間と赤松に追いつきました。そして正面に立ち左側から袈裟懸けに斬りつけ殺害しました。

人斬りの本領発揮!これからどんどん人を斬っていくのかな??と思いますよね。

実は中村半次郎も暗殺をした記録は赤松小三郎しか残っていないそうです。

その後、戊辰戦争で活躍しましたが、1877年におこった西南戦争で薩摩軍の指揮官として軍を率います。そして1877924日に戦死しました。40歳でした。

この時、遺体からもフランスの香水の香りがしていたそうです。戦争の時でもオシャレは欠かせなかったのですね。

幕末四大人斬りとは?冷血すぎる殺し屋!まとめ

いかがでしたか?今回は幕末四大人斬りと呼ばれる4人の人物のキャラクターや生涯について詳しく説明してみました。

歴史の教科書には出てこない人物達でしたが、映画やドラマの登場人物だったり、漫画のモデルになった人だったりと、意外と興味を持った方も多いのではないでしょうか?

筆者は「この4人が戦ったら、誰が一番強かったのだろう?」なんて考えてしまいます。

幕末四大人斬りが気になった方は、上記で紹介した映画やドラマなど是非鑑賞してみてくださいね。

 幕末4大人斬りをモデルにした映画をU-NEXTで視聴

U-NEXT簡単登録で以下の映画が視聴できる!⇨U-NEXT登録はこちら

>>>佐藤健が河上彦斎に!「るろうに剣心」の視聴はこちらから

>>>中村半次郎が美男子でキレッキレで残酷な男!「半次郎」視聴はこちら

 次に読みたいおすすめ記事

>>>安政の大獄とは何だったのかわかりやすく解説!犠牲者にはあの偉人もいた!

>>>西郷の首はどこ?西南戦争をわかりやすく解説します!

>>>俺の好きな「忠臣蔵」が作り話だと?忠臣蔵の真実はこれだ!

スポンサー