歴史映画

「のぼうの城」この映画は実話だった!面白いと話題!動画はどこでみれる?

スポンサー

みなさん、こんにちは!今日は、実話でリアリティもあり、さらにめちゃめちゃ面白いじゃん!!!

と世間でちょっとした話題になっている映画「のぼうの城」をご紹介したいと思います。

何度も飽きずに見ているという「のぼうの城」ファンも多いようですよ。

「のぼうの城」映画のあらすじをご紹介

時は戦国。

天下取りに王手をかけた豊臣秀吉の大軍から、最後まで守りぬかれたお城がありました。

敵は20万、味方は500。本当にあった大逆転ストーリー。

映画「のぼうの城」物語の始まり

天正10年(1582年)秀吉は備中高田城を水攻めで攻め落とします。その凄まじい戦法と多大なる戦果に圧倒される家臣達の中に、石田三成の姿がありました。

三成は、いつか自分もこのように壮大で剛気な戦がしてみたいと思います。

それから8年。

信長の死後、着々と天下覇権への道を推し進めてきた秀吉は、残すところ関東の覇者北条氏を掌握するのみです。

小田原攻めに際し、秀吉は三成に20万の軍勢を預け北条氏の支城攻めを命じます。

三成は、取り立てて大きな軍功がないことで、他の家臣達に軽んじられてきました。秀吉は、そんな三成になんとしても大きな戦果を挙げさせたいと考えます。

お目付役として大谷吉継まで付ける念の入れようです。

地図を囲んでの軍議の中、北条方22の支城の内、湖の中に立つ忍城を見つけます。

「三成、まっこと水に浮くか試してみるか?」

秀吉のこの一言で、関東の片田舎にある小さなお城が歴史の表舞台へと登場する事になるのです。

成田長親という男

主人公の成田長親は、城主・成田氏長の従弟です。

武将でありながら武芸はからっきし、かといって知略に富んでいるわけでもなし。お城にいるより、領地をウロウロ。田んぼ仕事を手伝おうかと持ちかけても、かえって邪魔になるからとやんわり断られる始末。

領民たちから「のぼう様」(でくの坊様)と愛称で呼ばれ親しまれています。

また、忍城には甲斐姫という美しい姫がいます。

領民を手ごめにした家臣をたたき切ったという武勇伝付きのお姫様です。

斬られた家臣の家がいきり立ったのを、いかなる手段を使ってか、長親が治めてしまったとか。その件以来甲斐姫は、自分を守ってくれた長親をひそかに慕っています。

成田長親とは、なんともつかみどころのない不思議な人です。

今日も、長親が領地で村人達と過ごしていると、北条からの使者が来たと城ヘ呼び戻されます。

長親の、平穏な日々が、終わりを迎えようとしています。

北条からの使者

北条方の使者は、「秀吉の大軍勢が来る。城主は小田原に参戦せよ」との小田原からの指示を伝えます。

しかし、この時すでに城主氏長は、ひそかに秀吉方と内通する事を決めていました。「軍勢が来ても一戦も交えずに城を明け渡すように」と命じて、小田原へと向かいます。

長親の幼なじみで「漆黒の魔神」と恐れられている丹波、彼にライバル心を燃やす豪傑の和泉。戦の経験はないが、自称「軍略の天才」靭負。

皆一様に、「戦わずして開城などして良いものか?」とざわめきますが、城を囲む軍勢20万人を目の当たりにして、500人ではとうてい勝ち目はない。

「ここはやむなく降るしかないだろう」という結論に達します。

秀吉軍の進攻、苛立つ三成

秀吉の命を受け、20万の軍勢を引き連れ出陣した三成でしたが、この大軍勢に恐れをなし、攻め込む城が次々と投降してしまいます。「人とは、圧倒的な力の前にはこんなにもあっけなく屈するものか?」戦がしたい三成はジリジリとします。

忍城に差し向ける使者の人選は、三成らしからぬものでした。「殿下の威をかる男」どう考えても、交渉向きではありません。

この三成の意図的な人選が、忍城をさらなる窮地に陥れます。

長親駄々をこねる

長親は、病でふせっている家老の父の代わりに、城代として使者に対応することになります。

秀吉軍からの使者は、どうせ降参するのだろうと言わんばかりの横柄な態度です。和睦の条件に甲斐姫を秀吉に差出せとまで言い出します。

対する長親回答は「腹は決めておらなんだか、今、決めた。戦いまする。」一同は、あ然とします。忍城は、城主の命で開城するはずだったのです。

「乱心したか!」詰め寄る丹波達に「嫌になった。」「降るのが嫌になった」強い物が、弱いものを踏みにじる。そんな事がまかり通るそれが人の世か?それが世の習いか?

「わしは嫌じゃ。嫌なものは嫌じゃ!」

長親の言葉に皆の心も決まります。そもそも皆降伏する事に納得していた訳では無いのです。

忍城の使者への返答は「戦いまする」開城から一転まさかの戦となってしまいます。

一致団結忍城の奮闘

病にふせっていた家老(父)が亡くなり、長親が城代を努める事になりました。

作戦を立て、戦闘要員を確保するため領民達にも城にあがるよう伝えます。しかし、負け戦に巻き込まれるのはごめんと誰も耳を貸しません。

ところが、戦をはじめるのが長親と聞くや大笑い。

「長親様が戦するなら我ら百姓が助けてやらねばな」

のぼう様を慕う農民達がこぞって城入りします。

「みんなごめん。わしが無理言うて戦になってしもーた」

泣きながら頭を下げる長親に対し「のぼう様に泣かれちゃしょうがない」と領民も武士も一致団結し、20万の軍勢を迎え撃ちます。

長親を担いだ忍城軍の士気は高く、武士も農民も皆がそれぞれの持ち場で力を尽くし戦います。

なかなか落ちない忍城に業を煮やした三成は、作戦を変更し、とうとう水攻めを決行します。大金を使い、農民を大量に雇いあっという間に巨大な堤防を築くのです!

水に飲み込まれてしまった忍城。

残りは本丸のみ。このまま負けで終わってしまうのか。

絶望的な空気の本丸の中、「水攻めを破る」長親がつぶやきます。この苦境をどう打開するのか。

一発逆転!のぼう様が放つ仰天の秘策とは?

映画「のぼうの城」見どころ

映画「のぼうの城」の原案は、2003年に城戸賞を受賞した和田竜氏のオリジナル脚本です。この脚本は、自身によって小説化され、130部を超える大ベストセラーです。

主役の成田長親には、野村萬斎

他出演者は、佐藤浩市、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充 、上地雄輔、山田孝之 とそうそうたるメンバーです。

この映画の見どころは、まず映像化が難しいと言われた迫力ある水攻めのシーンでしょう。筆者は、小説も読みましたが、想像する以上の迫力でした!!

萬斎さん演じる長親

また、クライマックス間近、野村萬斎さんによる長親の田楽踊りの場面は、狂言師である萬斎さんだからこそできたシーンだと言えるでしょう。

映画「安倍晴明」とはまた違ったひょうひょうとしたコミカルな演技に注目です。

「のぼうの城」が史実であったということ

冒頭にもありますが、これは約400年前の史実をベースに書かれた物語です。戦国時代、強い者が勝ち弱い者が消えていくのが当たり前の世の中です。

その世の流れに簡単に屈せず、踏ん張った人達が、過去に存在した事に筆者の胸は熱くなりました。

絶対的な人数差を、個性豊かなキャラクター達が、ぶつかり合い、また協力し合いながらそれぞれの矜持を胸に強大な敵に立ち向かう。

「一寸の虫にも五分の魂」エンターテイメント。お楽しみください。

映画「のぼうの城」が無料視聴できるサイト

映画「のぼうの城」を無料でみたい!しかもyoutubeなどのあらすじだけじゃなくフル視聴したい!という方へ。

それなら動画サイトの無料期間を利用すればよいです!Netflix以外はどの動画サイトにも無料期間があります。その中でも1番おすすめの動画サイトはU-NEXTです。1番無料期間が長く、動画配信数が業界で1番多いから!

アマゾンプライムビデオも無料期間が30日ありますので、U-NEXTの無料期間をすでに使ってしまった人はプライムビデオもおすすめですよ。>>アマゾンプライム登録

\U-NEXTの無料視聴期間は業界NO1/

無料トライアルの期間に解約すれば0円!

映画「のぼうの城」配信状況

  配信状況 月額料金(税抜) 無料期間
U-NEXT 1990円 31日間
プライムビデオ 500円 30日間
FOD ✖️ 888円 14日間
Hulu ✖️ 933円 14日間
Netflix ✖️ ベーシック880円
スタンダード1320円
✖️
dtv 550円 31日間

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

※動画の配信情報は記事作成時の情報になっています。動画配信作品は変更されることも多々ありますので登録前に必ず各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

U-NEXTの登録の方法がわかりやすく見れる記事はこちら!>>U-NEXTを画像つきで登録方法をご紹介

U-NEXTの無料トライアル登録は簡単!画像つきでわかりやすく解説します!U-NEXTで映画を見ようと思うけど登録の仕方がわからない人に、簡単に登録方法を解説しています。 U-NEXT・無料トライアルの簡単登...
徳川家光は男好き!?側室1000人の大奥誕生の理由とは??「大奥」と聞いたら、何を連想しますか?女と女のドロドロの争いですか?それとも、男性が憧れる両手に女のハーレム状態でしょうか? 多く...
スポンサー