歴史映画

映画「ドリーム」のあらすじ・みどころ!フル動画視聴できるおすすめサイト!

スポンサー

NASAでの計算をコンピューターではなくまだ人が手で行っていた時代。黒人差別が未だに残るNASAで活躍した3人の黒人女性がいました。

今日は彼女たちのあまり知られていない功績をもとにした映画「ドリーム」のあらすじや見どころをご紹介したいと思います!

映画「ドリーム」のあらすじ

時は1961年。

白人以外の人種に対する分離政策があったアメリカ南部のバージニア州。黒人女性のキャサリン、メアリー、ドロシー3人は主婦でもあり、NASA(アメリカ航空宇宙局)で働く計算係でもあります。

当時は、まだNASAの計算にコンピューターは導入されておらず、キャサリンら計算係が担当していました。ただし、3人は非白人用の西棟で仕事をしなければいけなかったのです。

幼い頃から天才的な計算能力を持っていたキャサリン、航空技術に詳しいメアリー、管理職のような仕事をこなしていても黒人ゆえに管理職になれないドロシー。3人とも能力があるのですが、黒人ゆえに低い立場にあります。

高まる宇宙競争、キャサリンたちに舞い込むチャンス

その頃、アメリカとソ連は宇宙開発で激しく競い合っていました。

NASANのスペース・タスク・グループの本部長ハリソンにかけられた政府からのプレッシャーは大きく、有人飛行で結果を早く出すためにハリソンはとにかく有能なスタッフを探します。

そのため、キャサリンはドロシーの推薦のかいもあり、その才能を買われハリソンのグループに初めての黒人スタッフとして採用されるのです。

一方、メアリーも技術部に派遣されることになり、すぐさまその能力は上司に評価されます。

立ちふさがる黒人女性という壁

宇宙船の離陸と着地を計算することになったキャサリン。ところが他のスタッフはほとんど白人男性。コーヒーのソーサーを別にされたり、肝心な部分を黒く塗りつぶされた計算書類を渡されたりと差別的な扱いをされますが、彼女は静かに耐えます。

さらに、キャサリンの新たな職場である東棟には非白人用のトイレがなく、彼女は800mも離れている西棟の非白人用のトイレに行かなければなりません。

しかも、彼女は徒歩で行くしかなく、時間を無駄にしないために分厚い計算書類を抱えながら東棟と西棟を走って行ったり来たりするのでした。

上司に認められたメアリーは、エンジニアになることを上司に勧められます。しかし彼女は、自分はエンジニアになっていてもおかしくないが、黒人女性がその資格をとることは無理だろう、と答えます。

一方西棟に残っているドロシーも、キャサリンとメアリーの姿を見て、自分も管理職になりたいと東棟の計算係の上司に訴えるのですが、規定により黒人は管理職になれないと断られます。

改革を始めるのは自分

モデルになったキャサリン

 

だんだん近づく宇宙船発射予定日。宇宙飛行士の候補生たちがNASAに到着します。彼らを迎えるときも、黒人女性たちのグループは離れたところから見るよう命じられますが、候補生の一人ジョン・グレンはわざわざ挨拶しに来てくれました。

東棟では、同僚からのキャサリンに対する差別が続いていました。しかし、キャサリンは彼女が知らないはずのデータをもとに計算し成果を出したことから、スパイだと疑われてしまいます。

ハリソンがどのように計算したのかを聞くと、彼女は、行間を読めば分かる、黒塗りの部分は光で透かしたら見えたと答えます。

彼女の確かな能力を認めたハリソンは、部下たちに今後はデータを黒塗りせずにキャサリンに渡すことを命じてくれました。

同じくメアリーも、上司に励まされエンジニアとしての資格を得るために動き始めました。

そして資格を取得するために白人専用の高校に何としても入ることを決意するのでした。

一方、ドロシーはNASAIBMコンピューターが導入されること、まだそれを上手く使いこなせる人間がいないことを知ります。コンピューターでの計算が始まれば、真っ先にクビになるのは黒人女性の計算係。

将来を考えたドロシーは、独学でプログラミング言語を学び始め、それを西棟の黒人女性たちにも教えていくのです。

それぞれのやり方で切り開いた道

キャサリンたちが努力する中、ソ連が有人宇宙飛行に成功したという衝撃的なニュースが伝えられます。アメリカは計画を変更し、月面着陸を目指すことになるのですが、それはキャサリンたちのグループがもっと忙しくなることを意味していました。

そんな中、ハリソンはキャサリンが時々いなくなることに気づき、彼女を叱責します。ついに我慢できなくなった彼女は、トイレを含む自分の現状を大声でぶちまけました。

自分が何も知らなかったことに気づいたハリソン。

彼は西棟に向かい、非白人用のトイレの看板を壊し、好きなトイレを使うようキャサリンたちに告げたのでした。

その後、キャサリンは出席できないはずの会議への参加を許され、その場で天才的な計算能力を発揮し、次に飛ぶ予定のグレンも彼女を認めます。

メアリーも裁判で熱弁し、白人専用の高校に通う許可を勝ち取り、エンジニアになるために勉強できるようになりました。

一方、IBMのコンピューターを担当できるように立ち回ったドロシーは、堂々と西棟の女性たち全員を率いてコンピューター室に連れてくるのでした。

命がかかった計算、呼ばれたのはキャサリン

宇宙船の計算に貢献したキャサリンでしたが、仕事が一段落するとハリソンのグループから西棟に再び戻ることになります。

ところが、グレンを乗せた宇宙船の打ち上げ直前に、新たな座標計算が必要となることが分かりました。時間の余裕がない中、グレンに頼まれハリソンは西棟のキャサリンにそれを託すのですが

映画「ドリーム」の見どころ

この映画は、NASAで多くの功績を残した3人の黒人女性の奮闘を描いた作品です。計算係という、これまであまりスポットが当てられてこなかった職業について知ることができます。

互いが互いを勇気づける3人の友情

この映画は黒人差別を描いていますが、暗い印象を与えないのはキャサリンたち3人の女性たちのポジティブさのおかげです。

3人はそれぞれ差別に面しますが、決して暗くなることなく、互いに愚痴り合うことで乗り越えていくのです。女性ならではの柔軟さで道を切り開いていく姿は、観ていてワクワクしますし、スカッとしますよ。

3人を支える人たち

映画には、キャサリンたちを支える魅力的な人たちがでてきます。

例えば、キャサリンの上司は、偏見なく彼女の才能だけを見てくれました。以前に夫を亡くしたキャサリンは新たな恋をするのですが、再婚相手の男性もとても優しくかっこいいので注目してみてください。

また、3人は今でいうキャリアウーマンながら、家庭も大事にしていて、時には家族から仕事を続けるよう励まされます。

人間ドラマも宇宙開発の歴史も楽しめる夢あふれる映画なので、ぜひ観てみてください!

映画「ドリーム」がフル視聴したいならアマゾンプライム

映画「ドリーム」をフル視聴したい方は現在おすすめはアマゾンプライムです。大手動画配信サイトでは現在配信が少なくなっています。

アマゾンプライムとdtvは配信していますが無料期間でもレンタル料金がかかります。

映画「ドリーム」をみたいなら、月額料金が少しだけ安いアマゾンプライムビデオがおすすめです!

「ドリーム」をアマゾンプライムで視聴

「ドリーム」をみるならアマゾンプライムビデオ!歴史映画やドラマが多数視聴できるアマゾンプライムは月額たったの500円で6万作品以上の動画を視聴できます。他の動画視聴サイトでは提供していないレアな作品も豊富ですよ。>>映画「ドリーム」視聴

アマゾンプライム30日間の無料登録期間に歴史ドラマ他たくさんの映画を視聴できます。この機会に歴史ドラマをいっきにご視聴しましょう!

アマゾンプライムで無料視聴登録!

※2020年4月の情報です。最新の情報はアマゾンプライムでご確認ください。

 

映画「ドリーム」配信状況

  配信状況 月額料金(税抜) 無料期間
U-NEXT ✖️ 1990円 31日間
プライムビデオ 500円 30日間
FOD ✖️ 888円 14日間
Hulu ✖️ 933円 14日間
Netflix ベーシック880円
スタンダード1320円
✖️
dtv 550円 31日間

※本ページの情報は2020年7月時点のものです。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

U-NEXTの無料トライアル登録は簡単!画像つきでわかりやすく解説します!U-NEXTで映画を見ようと思うけど登録の仕方がわからない人に、簡単に登録方法を解説しています。 U-NEXT・無料トライアルの簡単登...
スポンサー